2009年05月02日

洗濯日和、外出日和(CLACLA日記)

 いいお天気、いい青空が続く。

 気温も上昇し、日中は暑さすら感じる一日だった。

 毎週恒例の洗濯をすませる。
 ついでに、掃除機をかけ、正午過ぎには浴室とトイレの掃除、キッチンまわりの拭き掃除もすませる。

 ヤープ・テル・リンデン指揮モーツァルトアカデミー・アムステルダムの演奏した、モーツァルトの交響曲第20番〜第23番を聴く。

 『それってどうなの主義』を読了する。
 これまた読んで正解の一冊だった。
 斎藤美奈子の姿勢には、学ぶべき部分が多々あると思う。

 『喧嘩両成敗の誕生』を読み進める。

 お昼過ぎに外出し、河原町へ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
(そういえば、BALのエスカレーターで笑の内閣の高間響君を見かけ黙礼するも、無視されてしまった。まあ、仕方がない)

 夕飯後、フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮シャンゼリゼ管弦楽団の演奏した、シューマンのピアノ協奏曲(アンドレアス・シュタイアーのフォルテピアノ独奏)&交響曲第2番を聴く。
 先日読み終えた、茂木大輔の『拍手のルール』ではなんだか難しい作品の如く記されていたシューマンの交響曲第2番だが、この交響曲、僕はたまらなく好きなのだ。
 その疾走感! その狂躁感!

 『喧嘩両成敗の誕生』を読み進める。
 示唆されるところ大なり。

 今日も、甘いものは食さず。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック