2009年04月10日

太陽がまばゆかったので(CLACLA日記)

 いいお天気、いい青空がさらに続く。

 気温もさらに上昇、日中は暑さすら感じる一日だった。
 後述外出時は長そでのシャツだったが、Tシャツでもよかったぐらい。

 その分、花粉症の出もきつく、目の周りや鼻の穴のかゆみが激しい。
 やれやれ。

 午前中、あれこれと雑件をかたづけ、正午過ぎにキッチンまわりの拭き掃除をすませる。

 レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルの演奏した、ブラームスの交響曲第2番&大学祝典序曲を聴く。

 福ちゃんの愛称で知られた、日本を代表する斬られ役福本清三の聞き書き『おちおち死んでられまへん』を読み進める。

 お昼過ぎに外出する。

 まず京都こぴいで用件をすませ、一瞬どうしようか迷ったのち、歩いて河原町(寺町)まで出かけることに。
 なぜなら、太陽がまばゆかったので。
 陽の光をたっぷり浴びたくなったのだ。
 今日は、ちゃんとマスクをして出かけたしね。

 で、Avisをのぞき、ほぼ真向かいの100円ショップで買い物をすませ、歩いて烏丸方面へ。
 途中、紅茶専門店セレクトショップをのぞいたりもする。
(本当はキャンディー紅茶が欲しかったのだが、実家からの前の荷物にアールグレイが入っていて、まだだいぶん残っているのである。夜はカフェインだめの体質だから、そうそう簡単になくならないんだよね。あと、緑茶もあるし)

 烏丸では、ウイングス京都/中京青少年活動センターと京都芸術センターで、それぞれ用件をすませる。
 そういえば、中京青少年活動センターではファック・ジャパンさんと遭遇し、あいさつをした。
 あと、掲示板に「この4月から使用料が有料化という…」という文字が書かれてあり、ついつい門川ぬけ作めが! と毒づきたくなってしまった。
(ただし、門川大作京都市長には、ぬけ作というより、喰わせ者という印象のほうが強い。実際、選挙直前の行動から何から考えると…)

 その後、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。

 帰宅後、イーヴォ・ポゴレリチの弾いたドメニコ・スカルラッティのソナタ集を聴く。
 またぞろ、カークパトリック番号380のソナタを繰り返し聴いた。

 NHK・FMの、エド・デ=ワールト指揮によるNHK交響楽団の定期公演の実況中継はすぐに途中下車し、夕飯後、ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮ロンドン・フィルの演奏したブラームスの交響曲第4番&悲劇的序曲と、ギュンター・ヴァント指揮ハンブルク北ドイツ放送交響楽団の演奏したブラームスの交響曲第2番を続けて聴く。

 『おちおち死んでられまへん』を読み進める。

 『館佐武郎を探して』の前に、別の話を一つ書いておこうかなと考える。
 まだ具体的に頭の中でまとまっているわけではないが。

 今日は、タンゴのミルクチョコ・ウィズ・クッキーを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 プロ野球の太平洋クラブライオンズ、並びにクラウンライターライオンズの監督をつとめた鬼頭政一が、昨年の11月に亡くなっていたことを朝日新聞朝刊の訃報記事で知る。88歳。
 ちょうど僕がプロ野球に熱を入れていた小学生低学年時代の監督さんで、その頃プロ野球選手名鑑で触れた、香港か台湾のフィクサー然とした黒い旧式のサングラスをかけたクラウン監督時代の鬼頭さんの写真が未だに印象に残っている。
 確か、太平洋、クラウンともに低迷時代で、鬼頭監督采配下では、両年とも最下位ではなかったか。
 あと、鬼頭さんと同じくその兄弟もプロ野球選手で、戦死か戦病死か、いずれにしても戦争のために犠牲になったと何かで読んだ記憶がある。
 深く、深く黙祷。
(失礼ながら、鬼頭さんが存命だとは知らなかった)

 『クレムリン秘密文書は語る』を読んだばかりということもあり、国連におけるあれこれに関して、さもありなんという気になってしまう。

 京都市交響楽団のスプリングコンサート、二口大学さんと広田ゆうみさんによる企画、そのどちらともパスしてしまった。
 まあ、仕方がない。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック