2009年02月11日

掃除機を新しく買った(CLACLA日記)

 朝は青空が見えていたものの、どんどん曇り出し、夕方には雨降り本降りとなる。
 ありゃりゃりゃりゃ。

 気温は、そこそこ?
 それとも、それなり?

 今日は、仕事はおやすみ。
 祝日だからということはもちろんだけど、水曜日は毎週基本的にシフトから外れているのだ、僕は。
 それにしても、21世紀にもなって2月11日がまだ建国記念の日とはねえ。
 いやさかいやさか、なんださかこんなさか。

 お休みなれど、朝早めに起きて掃除機をかけ…。
 って、かけている途中で、どうしたことか掃除機の先端部分がつなぎめの少し先の部分でぽきっと折れてしまった。
 うわわわわ。
 相当がたがきていたとはいえ、急にこんなことになるなんて。
 やれやれ。

 仕方がないので、念のために電話をかけて在庫をの有無を確認してから外出し、近くの金券ショップで市バスの一日乗車券を買って西院へ。
 で、あおい書店で新潮・ハヤカワ両文庫の解説目録を手に入れたのち、ジョーシンで会員様セールの掃除機を購入する。
 ついでに紙パックを買ったため、臨時出費が8500円近くなってしまった。
 ああ。
(だからという訳ではないが、ついでに、マッサージ機にあたる。これはこれで悪くないが、やっぱり機械ではねえ…)

 帰宅後、新しい掃除機をかけ初めする。

 ヴィクトリア・ムローヴァの独奏による、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲集のCDを繰り返し聴く。

 『カルタ遊び』の23の下書きとPCへの打ち込みをすませる。
 原稿用紙、67枚分になった。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 お昼過ぎに、浴室とトイレの掃除をすませる。

 夕方前になって、雨の中を再び外出。
 今度は河原町へ出て、ジュージヤ三条本店のセールで1000円になっていたCDを3枚も買ってしまう。
 掃除機が壊れて、経済観念まで壊れてしまったか。
 いや、寺町通の100円ショップで、2リットルのペットボトルのお茶を2本買っておいたのだから、まだ完全には壊れ切ってないぞ!
(「その言葉がどうもおかしい!」、と呼ぶ声あり。あっはっはあっはっは)

 帰宅後、購入したばかりの、コリン・デイヴィス指揮ザクセン・シュターツカペレ・ドレスデンの演奏した、ベルリオーズの序曲集のCDを聴く。
 演奏そのものは悪くないけれど、RCAのつくりもの臭さ全開の録音が大きなネックのような気がする。

 夕飯後、同じく今日購入した、アルテミス・カルテットの演奏した、ドヴォルザークとヤナーチェクの弦楽4重奏曲集のCDを聴く。
 いわゆるチェコのおくになまりとは無縁の、実にシャープでスリリングな演奏で、聴き応えがあった。

 さらに、今日購入した3枚目、バーバラ・ボニーの歌ったオペレッタ・アルバムを聴く。
 まだかろうじて…。
 でも、もっと早いうちに、少なくとも、これより数年前に録音していてくれたらと思わなくもない。

 『カルタ遊び』の今後の展開について考える。

 『読書中毒』のつまみ再読を行う。

 今日は、残っている甘いものをちょこちょこっと食す。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック