2007年09月29日

雨月物語

 京都文化博物館まで、溝口健二監督の『雨月物語』を観に行って来た。

 『雨月物語』は、上田秋成の原作を川口松太郎が書き改め、依田義賢が脚本化したものを溝口健二が撮影した作品である。

 ヴェネツィア映画祭で銀獅子賞を獲得した作品でもあり、確かに戦乱戦国の世(たぶん、この設定には、太平洋戦争が大きく影響しているのだろう)、陶工と農夫の兄弟(森雅之と小澤栄太郎)が欲に目がくらんで、その家族(田中絹代と水戸光子ら)も巻き添えをくってしまう、といった展開は、脚本映像ともども、すとんすとんと治まっているなあと感心する。
 中でも、兄弟とその妻二人らが琵琶湖を舟で渡ろうとするシーンは強く印象に残った。

 が、京マチ子と毛利菊枝の主従が登場したあたりから、何やら邪劇臭が漂いはじめ、せっかくの田中絹代のしっとりとした演技も、とってつけたようなラスト(そりゃ「意味」はわかるけどね)のせいで、何かいまいちしっくりこない感じで終わってしまった。
(「邪劇」という意味では、京マチ子の妖艶さは驚嘆に値するし、毛利菊枝の演技も見事という他ないが)

 てか、ラッパ永田雅一のせいもあってだろうが、なあんか「『羅生門』の夢よ再び!」、逆に溝口健二からしてみれば、「『羅生門』などに負けてたまるか!」って意志が露骨に表れているような気がしてならなかったのだ。
 森雅之、京マチ子という組み合わせもそうだし、早坂文雄の音楽だって…。
 考え過ぎかいな?

 もちろん、観て損のない作品だとは思う。
 要は、「好み」の違いということだろう。

 役者陣では他に、青山杉作、香川良介、上田吉二郎、羅門光三郎、伊達三郎らが出演していた。
posted by figarok492na at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック