2007年07月19日

赤垣源蔵

 京都文化博物館まで、阪妻こと阪東妻三郎主演、池田富保監督の『赤垣源蔵』(1938年、日活太秦)を観に行って来た。

 これは、観に行って大正解の一本だった。

 忠臣蔵中おなじみの「徳利の別れ」を映画化した作品だが、何と言っても阪妻がいい。
 前半のどうにも憎めないだめさ加減も見事だし、兄の羽織に別れを告げる有名な場面での情感たっぷりな演技にも魅せられる。
 流石は不世出の大スターだと感嘆するばかりだ。

 たぶん相当「切られて」いることもあるのだろう、ストーリー的には「足りない」部分(例えば、源蔵がどのようにして赤穂浪士一党に加わったのかとか)も散見されるが、おおもとの物語自体よくできているし、ほのぼのとした「笑い」も悪くない。
 そして、余韻の残るラストも非常に印象的だと思う。

 また、弟思う兄の姿をしっかりと演じた香川良介をはじめ、花柳小菊、磯川勝彦、大倉千代子、志村喬、原健作、中野かほるといった脇役陣にも不満はない。

 フィルムの悪さはいたし方ないが、機会がおありの方はぜひぜひご覧いただきたい。


 ところで、神崎与五郎らが吉良方の密偵に追われるシーンは、先日宮本顕治が亡くなったことや、阪東妻三郎が「心情左翼」だったことを知っているだけに、何か「意味ありげ」に思えて仕方がなかった。
 これって考え過ぎだろうか?
posted by figarok492na at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック