2007年02月08日

地獄花

 京都文化博物館まで、伊藤大輔監督の『地獄花』(1957年、大映京都)を観に行って来た。

 いつもの如く、くどくどくだくだと粗筋を語ることはしないが、一言で言って、狙いのはっきりした作品だと思う。
 それは、まずもって室生犀星の原作を監督自らが脚色(し、円地文子が潤色)した台本−物語のわかりやすさという意味でそうだし、さらには永田雅一ラッパがどこを向いて商売をしているかという意味でもそうだ。
 で、時に、後者のほうが露骨に表れていて、これって『羅生門』の二番煎じもいいとこじゃないか、と思ってしまう部分さえたびたびあったのだけれど(例えば、あっと驚くラストなど)、一方で、伊藤監督らしい激しい殺陣が挿入されていたりもする。
 時代物がお好きで時間がおありの方は、一度ご覧になられては。

 ところで、あの宮崎駿監督は、若き日にこの作品に接したことがあるんじゃないだろうか。
 って、まさかもののけ姫のモデルが、京マチ子だと言いたい訳じゃないんだけれど…。
posted by figarok492na at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック