2006年10月19日

弁天小僧

 予定通り、京都文化博物館まで、伊藤大輔監督の『弁天小僧』(1958年、大映京都)を観に行って来た。

 『弁天小僧』は、歌舞伎の『白浪五人男』(『青砥稿花紅彩画』)を下敷きにした作品だが、あちらが悪党五人組の活躍と挫折を描いたピカレスク物だとすれば、こちらは弁天小僧菊之助が幼い頃に生き別れになった父と妹を陰ながら救うという、人情譚に置き換えられている。
(だから、おなじみ稲瀬川での勢ぞろいもない)
 もちろん、伊藤大輔の演出らしく、菊之助と敵方との激しく凄絶な殺陣があったり、劇中劇として浜松屋の段が組み込まれたり(よい意味で、あざとく、わざとらしい)、さらには勝新太郎演じる遠山の金さんも登場したりして、単純なお涙頂戴のストーリー展開になってはいないのだけれど。

 で、この10月の京都文化博物館映像ホールのプログラムテーマは『大映京都作品を彩った女優たち』となっているものの、役者陣では、何と言っても弁天小僧菊之助の市川雷蔵を挙げざるをえまい。
 物語の始まりのほう、娘(青山京子)を手ごめにしようとする際のニヒリスティックでサディスティックな表情や、勝新太郎との掛け合いにおける軽み、劇中劇での「女形」と、役者市川雷蔵の魅力をたっぷりと堪能することができる。
 他に、同じ伊藤監督の『下郎の首』で主人公を演じていた田崎潤が南郷力丸に扮していた他、阿井美千子、黒川弥太郎(日本左衛門)、河津清三郎、中村雁治郎、小堀明男、伊沢一郎、近藤美恵子、香川良介、清水元らが出演していた。

 一時間半弱の中にいろいろと詰まっていて、なかなか愉しい一本だった。
 時代劇好きの方には、特にお薦めしたい。
posted by figarok492na at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック