2006年10月12日

夜の河

 予定通り、京都文化博物館まで吉村公三郎監督の『夜の河』(1956年、大映京都/リンク先では大映東京となっているが、大映京都製作が正しい)を観に行ってきた。

 『夜の河』は、山本富士子演じる京都堀川の染屋の女職人の妻子ある男性(上原謙)との許されざる恋を描いたメロドラマ、と言うよりも、そうした趣向を借りながら、一人の女性の心理的な変化と決断を丹念に追った「女性」ドラマだと評することができるだろう。
 その点で、平凡な結婚生活を選んだ妹(小野道子。『巨人と玩具』とは180度異なる役柄)との対比や、独身の主人公に色目をつかう男性(小澤栄太郎)とのやりとりなど、当然原作のエピソードを活かしたものではあろうが、田中澄江の脚本がまずよくできている。
 また、初期のカラー作品ということもあって、現在の視点から観ると「おいおいおいおい」と口にしたくなる場面(「虹」の登場とか)はありつつも、吉村公三郎の演出や宮川一夫の撮影、岡本健一の照明は、様々な工夫を重ねていると思う。
(レストランで、テーブルに置かれた2種類の花だけが交互に映されるシーンは、技巧派吉村監督らしいし、主人公と男性が初めて結ばれる宿屋での「色彩」は強く印象に残る)
 加えて、古き良き時代の名残りを留める京都の街並も、この作品の見どころの一つになっているのではないだろうか。

 出演者では、当然美しさここに極まれりの山本富士子を一番に挙げるべきだろう。
 実を言えば、僕は山本富士子という女優さんがあまり好みではないのだが、後半髪を洗う場面での彼女の艶かしさには、やはり「うわあ、きれいやなあ」と感嘆せざるをえなかった。
(演技自体も見事だったし)
 他に、またぞろ「こんな男」(ずるくて弱い)を見事に演じている上原謙や、若き日の川崎敬三、東野英治郎、小澤栄太郎、山茶花究、そして先述の小野道子をはじめとした女優陣と、ツボを押さえた配役で、基本的に不満はない。
(そうそう、個人的には、大好きな伊達三郎の出演がとても嬉しかった。ここでの彼は、何となく有田哲平に雰囲気が似ている)

 ただ、ラストだけはどうなんだろうなあ。
 時代背景や、吉村監督の「思想」を考えればわからなくはないんだけど(それに、沢野久雄の原作自体がそうなっているのかもしれないし)、どうしてこういう終わり方になるのか、僕には今一つ納得がいかない。
 いや、確かに「伏線」は張ってあるし、「色づかい」という意味でも、なるほどそういうつながりなんやね、と言えなくもないのだが。
 しかし、あまりにもとってつけた感が強すぎるのだ。
 少なくとも、僕は鼻白んでしまった。
(例えば、山本薩夫の『浮草日記』は、ある意味似たような終わり方をしているのだけれど、こちらはドラマとしての必然性があって、しっかり納得がいく)

 それでも、一見の価値は充分あることも確かだろうが。

 追記:京都の女性の「性格」が巧み(?)に描かれている点を書き忘れちゃいけなかったんだ。
 土曜日も上映があるので、興味がお有りの方はぜひともご観賞のほどを!
posted by figarok492na at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック