2006年10月07日

愛妻物語

 予定通り、京都文化博物館まで新藤兼人監督の『愛妻物語』(1951年、大映京都)を観に行ってきた。

 『愛妻物語』は、そのタイトル通り、新藤監督の若き日を支え、困窮の中で亡くなった彼の妻への鎮魂歌である。
 成功に向かって努力する夫をけなげに支える妻、という図式そのものには、現代の女性ならずとも、若干以上の疑問を抱かざるをえないが、その後の諸作品も併せて考えれば、新藤監督がそうした図式を肯定しているというのではなく、あくまでも妻(女性)への感謝の念の表れととらえたほうが事実に則しているのではないかと思う。
 また、溝口健二(劇中では坂口監督)との関係が重要なエピソードとして描かれている点は、後年の『ある映画監督の生涯』を想起させるし、近所の青年の出征と戦死が描かれている点からは、何とか作品の「客観性」を保たせていこうという新藤監督の意識をうかがうこともできた。
(それでも、相当気恥ずかしい場面はあるのだけれど)

 役者陣では、百万ドルのえくぼも愛らしい妻役の乙羽信子と、希望や失意、屈折などを巧みに演じ分けた夫役の宇野重吉をまず挙げるべきだろうが(特に、血を吐いた乙羽信子が洗面器を持つ宇野重吉の手に自らの手を重ね合わせるシーンは強く印象に残る)、坂口監督役の滝沢修や清水将夫ら民芸勢が達者な演技を行っている他、盟友殿山泰司が彼ならではのシーンを見せてくれる。
(あと、大河内伝次郎が賛助出演している)

 個人的には「辛い」部分もいろいろとあったのだが、いずれにしても、この『愛妻物語』が新藤監督のその後の作品の「ひな形」であることは確かなことだろう。
(なお、『愛妻物語』に関しては、『乙羽信子どろんこ半生記』<朝日文庫>の中の「百万ドルの……」、「愛妻物語」に詳しく記されている)

 余談だが、新藤監督が乙羽信子が亡くなった後も生き続けてこられたのは、この若き日の妻を亡くした経験があるからだとも、僕は考えている。
(それは、先に死んだ人たちの分も生き続けなければという強い想いが、新藤監督のしたたかさ、しぶとさに繋がっている、と言い換えることができるかもしれない)
posted by figarok492na at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック