2006年04月30日

連休二日目(CLACLA日記)

 いいお天気、いい青空。
 と、思っていたら、夕方前ぐらいからどんよりとし始める。
 あれあれ。

 世は連休二日目。
 が、ぶらりひょうたん的な人生を送る当方にとっては、あまり関係がない。
 細かい仕事や雑件を淡々とやっつける。

 人間関係について少し考えるところあり。
 なんだかなあ、と思っていること自体、自分自身の責任なのだ。
 すぱっと割り切る必要があると思う。

 俳優の沼田曜一が亡くなる。81歳。
 『きけ、わだつみの声』や『真空地帯』、『縮図』、『大虐殺』(甘粕大尉を演じていたはず)などに出演した他、民話の語り部としても活動した。
 深く、黙祷。

 『赤ひげ診療譚』を読み進める。
 黒澤明の『赤ひげ』を無性に観たくなった。
>これまでかつて政治が貧困や無知に対してなにかしたことがあるか<

 NHK・FMのFMシンフォニー・コンサートで、沼尻竜典指揮名古屋フィルのコンサートのライヴ録音を聴く。
 シェーンベルク編曲によるブラームスのピアノ4重奏曲第1番などが放送されていた。

 続けて、NHK交響楽団の定期公演の実況中継を途中まで聴く。
 スタニスラフ・スクロヴァチェフスキの指揮で、シューベルトの交響曲第7番「未完成」全曲と、モーツァルトの交響曲第39番の第1楽章まで聴いた。

 京都文化博物館まで『ギターを持った渡り鳥』を観に行こうかとも思ったが我慢し、代わりに西院まで足を運ぶ。
 千成で市バスの回数券と阪急の切符を買い、サン書房で立ち読みし、近所のジャスコで買い物をすませてから帰る。

 帰宅後、NHK・FMを聴く。
 すでにN響の定期公演はすんでいて、過去の録音とレコード録音を聴けただけ。
posted by figarok492na at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック