2006年04月19日

何だか花粉が飛び回っているような(CLACLA日記)

 夜になっても、目のまわりがしばしばしばしばしたり、くしゃみを連発したりする。
 暖かくなったと思ったらこれだから、全くもっていやになってくる。
 どうにかならないものか。
(と言っても、去年ほどにはひどくはないのだが)

 NHK・FMで、NHK交響楽団の定期公演の実況中継を聴く。
 プログラムは、シベリウスの交響詩『フィンランディア』、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲、シベリウスの交響曲第1番の3曲で、指揮はシャルル・デュトワ、ヴァイオリンの独奏はリサ・バティアシュヴィリだった。
 バティアシュヴィリのヴァイオリンの音色が美しかったことをはじめ、それなりに聴き応えのあるコンサートではなかったか。
 
 『権現の踊り子』を読み進める。
 面白い面白い。

 『箱庭』の下書きとワープロ打ちを行う。
 まだまだ先は長い。

 今日は、甘いものを食さず。
 我慢我慢。

 深夜の更新はお休みします。
 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:45| Comment(4) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一度だけ町田氏のポエトリーリーディングを聴いたことがありますが(「土間の四十八景」、メディアファクトリー)。
いやぁ、凄かったです、ハイ。
聴いたのが日比谷の野外音楽堂なんですけど。
ケタはずれのパワーに圧倒されました。
Posted by say_say_say/ at 2006年04月19日 21:52
 こんばんは。
 バトンのほう、申し訳ありませんでした。

 >町田氏のポエトリーリーディング
 確かに、凄そうですね。
 しかも、日比谷の野音だったんですか。
 流石は、町田町蔵ですね!
Posted by figaro at 2006年04月19日 22:00
こんにちは。
トップエントリにコメントしたのでありますが、反映されないようで・・・・・
ふ〜む、何故でしょうか?
Posted by miyavilog at 2006年04月21日 14:44
 こんにちは。
 コメント、ありがとうございます。

 調べましたが、トップエントリ分のコメントは残っていませんでした。
 せっかく、書き込んでいただいたのに、申し訳ないかぎりです。
(もしかしたら、「禁止ワード」が含まれていたのではないか、と。当方、相当数の「禁止ワード」を設定しているため…)
Posted by figaro at 2006年04月21日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック