2006年03月04日

何だか落ち着かず(CLACLA日記)

 いいお天気、いい青空になる。

 ちょっと肌寒い感じ。
 もう少し暖かくなると思ったのだが。

 それでも花粉は飛び回っているようで、目のまわりがしばしばしばしばしたり、頭が少し重かったりする。

 ばたばたばたばたしている訳ではないのだけれど、何だか気分的に落ち着かない。
 昨日、粉瘤をとったところが気になっていることが大きいのかもしれない。

 経済的な事情もあって、部屋にこもって仕事や雑件をやっつける。

 『聖アウスラ修道院の惨劇』を読み進める。
 この作品は『犬神家の一族』へのオマージュでもあるんだろうな、きっと。

 NHK・FMの『名曲のたのしみ』を聴く。
 今回もリヒャルト・シュトラウスの特集で、あな珍しや、歌劇『火の欠乏(火が足りひん)』を放送していた。
 なかなか耳なじみのよい、リヒャルト・シュトラウスらしさがしっかりと刻印された音楽だと思う。
 収穫収穫。

 『ひゃっけんもどき』の73、74の下書きとワープロ打ち、打ち出しを終える。
 原稿用紙に換算して、159枚分をこえた。

 ラブログの調子がどうもよくないみたいだ。
 メンテナンスをやっても、この始末。
 だめだめじゃん。
(って、前からわかってたことだけど。ショップ99を見習ってもらいたいものだ、KDDI・DIONにも)

 明日は、夕方から劇団テンケテンケテンケテンケの第2回公演『せーの』を観に行く予定。
 楽しみなり。

 深夜の更新はお休みします。
 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック