2004年11月10日

なぜかシバシバする日(CLACLA日記)

 今日も一応晴れ空。
 少し雲が多いような気もするが。

 ううん、それにしても、何だか目の周りがしばしばするような。
 鼻も少々むずむずするし、喉のあたりも妙に腫れぼったい。
 もしかして、花粉症?
(何の花粉に反応してるんだろう。スギ以外にも、ブタクサとか何だとか、花粉は一年中飛んでるらしいから)

 あと、肩こりがひどい。
 首、肩、背中のこり、はり、しびれ、痛み。
 軽いストレッチくらいでは、全く解消されないのだ。
 一度、マッサージでもしてもらいに行こうか。

 S君より預かったシノブシスを一読する。
 内容はひとまず置くとして、誤字脱字、文章の流れの悪さなどについつい目が行ってしまう。
 提出期限までにほとんど時間がなかったらしく、仕上げるだけで精一杯の企画書だったらしいが。
 まあ、企画書を受け取った側(会社)のS君宛の封書の宛名を見ると、こちらも平気で誤字をやらかしているから、そういうところに関しては、相当無頓着な間柄なのかもしれないな。
(木を見て森を見ず、でも仕方がないけど)
 それと、作中の登場人物名に、自分の名前を「転用」しているのは、彼らしいやり方かも。
 確かに僕も、自分の本名そのままの登場人物を登場させることがよくあるのだけれど、これは作品の主人公と書き手である自分自身を区別して考えてもらおうという主旨でそうしているのであって、S君の場合とは少し意味が異なっているように思うのだが。
 企画書の段階なので、本編を制作するにあたっては、当然登場人物名の変更もあるだろうしね。
 あえて、云々かんぬんするほどのことでもないか。

 NHK・FMで、ズデニェク・コシュラー指揮チェコ・ナショナル交響楽団演奏の、ドヴォルザークの交響曲第8番のCD録音を聴く。
 どこか、しっくりこない演奏。
(もしかしたら、クリティカルエディションの楽譜でも使用していたのか)
 全体に音が粗いというのか、何だか塩辛い響きがして、聴いていて心踊らないのだ。
 コシュラーの音楽づくり自体、せかせかしているような気もするし。
 このCDは、中古CDで安くで出ていても、九割がた購入しないだろうと思う。

 NHK・FMで、第73回日本音楽コンクール・フルート部門本選演奏会のライヴ録音を聴く。
 細かいことをいえば、あちこちにちょっとした傷があったり、まだるっこしい部分もあったりしたが、全体的にはなかなか楽しめた。
 ベリオやファーニホーの作品を聴けたのは、それだけでも収穫だったし、大好きなモーツァルトのフルート四重奏曲をこれほどまとめて耳にすることのできる機会も、そうざらにはないだろうから(CDで繰り返す以外に)。
 ただし、1位の渡辺玲奈と他の奏者とを比べて、音色的にどれほど彼女が秀でているかは、僕には判別できなかった。
 渡辺さんのフルートには、演奏技術や楽曲解釈は置くとしても、音色的にそれほど魅力を感じることができなかったのである。
(ファーニホーは面白かったが、モーツァルトは何だか塩辛い。これまた心踊らない演奏。もしかしたら、審査員のうちの誰かのお弟子さんだったのだろうか)

 『春高楼の』を読み進める。
 時代背景がよくとらえられている一方で、おなじみのくだけた語り口もところどころに顔を出している。
 まさに、清水義範らしい。
(以前、井上ひさしを持ち出したが、やはり太宰のことも忘れてはならないかもしれない)

 『鶴丸文造の遍歴時代』の筆入れと打ち直しを進める。70枚分程度。
 あと、150枚分以上残っている。
 頑張らなくては!

 イラク、ファルージャで激しい戦闘(一方的な猛攻と言ってもおかしくない形のようだ)が続く。
 米軍司令官は、民間人の犠牲は非常に少ないなどと宣っているようだが、その言葉、果たして本当か?
 だいたい、民間人の安住の地を奪っているだけで、大きな犠牲だろうに。
 何が、世界は平和になった、だ。
 いんちきちきちんこんちきちんの大馬鹿息子が!
(小泉総理が今回の攻撃を即支持したことについて、僕はその是非を彼本人に問うても無駄だと思う。支持するにせよしないにせよ、全ての「結果」は僕ら自身の責任になるのだから。他人事ではない、我が事だ)

 ありがたい潜水艦が出没しているらしい。
posted by figarok492na at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。自分は風邪気味です。鼻水とくしゃみぐらいでたいしたことはないのですが。
午後になって急に調子が悪くなってきました。
甘いもの食べてもいまひとつ味がぼんやりでつまらないです。

自分も誤字脱字に文法の間違いなど多々あると思いますが、堪忍してください。
Posted by risagasuokiku at 2004年11月10日 16:20
 いつも、ありがとうございます。
 ブログのほうでは、僕も誤字脱字やたらとあります…。
 で、あとで、結構修正してるんです(笑)。
 ただ、プロの仕事として依頼されたと聴いていたので、ちょっと気になったんですね。
 企画書だから。

 風邪、お大事に!
Posted by figaro at 2004年11月10日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック