2024年06月03日

明日は切り替えていかないと(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空になる。

 気温はそれほど上昇せず。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 寝不足もあって、頭も身体も重たし。


 またも能登半島で大きな地震が起きた。
 まだ復旧の途中というのに。
 心配でならない。

 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分過ぎに寝床に就く。

 緊急地震速報のけたたましい通知音に目が醒める。
 そのまま寝直すことができず、6時台に起きて食事と外出の準備をすませたのち、amazon music unlimitedでヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルが演奏したウェーバーの歌劇『魔弾の射手』序曲(1960年録音)を聴き、8時21分に外出する。


 で、夕方まで通いの仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませ、18時20分過ぎに帰宅した。
 いやあ、今日はあかんかった…。


 夕飯後、amazon music unlimitedでクリストフ・シュペリング指揮ダス・ノイエ・オルケスター&コールス・ムジクス・ケルン他が演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのカンタータ第139番『幸いなるかな、おのが御神に』と第8番『いと尊き御神よ、いつわれは死なん』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品を書き進めたり、遠藤彩見の『左右田に悪役は似合わない』<新潮社>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでユンディ・リが弾いたショパンの前奏曲集を聴き、オーボエのカタジナ・ピリピウクとアンサンブル・イル・ヴェントが演奏したヘルテルのオーボエ協奏曲集を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『左右田に悪役は似合わない』を読み進めたりし、クラリネットのマイケル・コリンズとピアノのマイケル・マクヘイルが演奏したクライスラーの愛の悲しみと美しきロスマリンを聴く。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!!!


 明日は切り替えていかないと。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする