2022年08月30日

お天気が目まぐるしく変わったなあ(CLACLA日記)

 台風11号の影響か、朝は雨。
 その後青空が見えたが、夕方前頃からどんよりとし始め夜になって雨。

 むしむしじめじめとして、快ならず。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分過ぎに寝床に就く。


 7時ちょうどに起きて、YouTubeで福田進一が弾いたバロック音楽の編曲集『バロック・クロニクルズ』を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時16分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeで『バロック・クロニクルズ』の残りとジャン・フルネ指揮東京都交響楽団が演奏したサン・サーンスの歌劇『サムソンとデリラ』からバッカナールを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』の第101話「暗黒街の罠」、第102話「仏像を抱く女」、第103話「怪談赤いろうそく」の拾い観をする。
 第100話までの配信かと思っていたら、そうではなかった。


 夕飯後、YouTubeでルートヴィヒ・ギュトラー指揮ヴィルトゥオージ・サクソニエが演奏したモーツァルトの交響曲第33番と第36番「リンツ」、湯浅卓雄指揮アルスター管弦楽団が演奏したシェーンベルクの室内交響曲第2番と映画の一場面への伴奏音楽、ルドヴィク・モルロー指揮シアトル交響楽団他が演奏したフォーレの劇音楽『マスクとベルガマスク』組曲、幻想曲、劇音楽『ペレアスとメリザンド』組曲、子守歌、エレジー、ドリー組曲、パヴァーヌ、フォーレ・カルテットが演奏したピアノ4重奏版によるフォーレの私たちの愛、ゆりかご、夢のあとに、月の光、マンドリン、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル他が演奏したドビュッシーの夜想曲と歌劇『ペレアスとメリザンド』組曲、シュテファン・ザンデルリンク指揮ブルターニュ管弦楽団が演奏したファランクの交響曲第1番、第2番、第3番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業について考えたりする。


 小川洋子の『遠慮深いうたた寝』<河出書房新社>を読了する。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 お天気が目まぐるしく変わったなあ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする