2022年08月05日

雨が降る前に帰ってこれた(CLACLA日記)

 今日もまた晴天からどんよりとしたお天気へ。
 夕方、激しく雨が降る。

 むしむしと蒸し暑い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 暑さバテが続く。
 なんとかならんか。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 9時台に起きる。

 午前中、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』、YouTubeでピエール・モントゥー指揮ロンドン交響楽団が演奏したヨハン・セバスティアン・バッハの管弦楽組曲第2番、グルックの歌劇『オルフェオとエウリディーチェ』から精霊の踊り、モーツァルトのフルート協奏曲第2番(以上、クロード・モントゥーの独奏)、ドビュッシーの夜想曲から雲と祭を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 正午過ぎ、ABCラジオの『兵動大樹のほわ〜っとエエ感じ。』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 14時半過ぎに外出し、下京図書館へ。
 借りていた本を返却し、予約しておいた関川夏央の『人間晩年図巻 2008-11年』<岩波新書>と野口武彦の『明治伏魔殿』<講談社>を新たに借りる。

 で、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 雨が降る前に帰ってこれた。


 帰宅後、YouTubeでモントゥー指揮ロンドン交響楽団が演奏したラヴェルのバレエ音楽『マ・メール・ロワ』、モントゥー指揮ウィーン・フィルが演奏したブラームスの交響曲第2番、ゲオルク・ショルティ指揮シカゴ交響楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第38番「プラハ」と第39番、ジョナサン・ヘイワード指揮北西ドイツ・フィルが演奏したストラヴィンスキーの管楽器のための交響曲、エルガーの序奏とアレグロ、ハイドンの交響曲第100番「軍隊」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品を書き始めたり、『人間晩年図巻 2008-11年』を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』第86話「浦賀の花嫁人形」、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『影の軍団U』第10話の拾い観をする。
 『破れ傘刀舟悪人狩り』は、竹下景子と太田博之、沼田曜一、さらに浜田寅彦、横森久、袋正と俳優座の面々がゲスト出演。
 一方、『影の軍団U』には、土田早苗、森次晃嗣、深江章喜が出ていた。


 夕飯後、YouTubeでアラン・アルティノグリュ指揮hr交響楽団が演奏したベルクのヴァイオリン協奏曲(フランク・ペーター・ツィンマーマンの独奏)とベルリオーズの幻想交響曲、ギャリック・オールソンが弾いたシマノフスキのピアノ・ソナタ第3番、プロコフィエフのピアノ・ソナタ第8番、ヤナーチェクのピアノ・ソナタ「1905年10月1日」、スクリャービンの2つの小品作品59−2、2つの詩曲作品32−1、ピアノ・ソナタ第5番、デヴィッド・レイランド指揮韓国交響楽団が演奏したブラームスの交響曲第1番とハンガリー舞曲第1番、原田慶太楼指揮富士山静岡交響楽団が演奏したモーツァルトの歌劇『魔笛』序曲、シューベルトの交響曲第7番「未完成」、チャイコフスキーの歌劇『エフゲニー・オネーギン』からポロネーズ、セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルが演奏したシベリウスの交響曲第5番、ハビエル・ラソが弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ第21番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『人間晩年図巻 2008-11年』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする