2021年02月01日

今日から2月(CLACLA日記)

 今日から2月。
 一日一日を大切にして、悔いなく生きていきたい。
 死を絶対に忘れないこと。


 晴天からどんよりとしたお天気へ。
 夕方になって雨が降り出す。

 気温は上昇する。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度と花粉のトリプルパンチ。
 やれやれ。


 ミャンマーで軍事クーデターが起こったと。
 いろいろと想い、いろいろと考えることあり。


 公明党の遠山衆議院議員が辞職を申し出たと。
 当然至極。
 というか、河井夫妻もそうだし、それより何より安倍晋三前総理がすぐに議員を辞めるべきだろう。
 度し難い。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時過ぎに寝床に就く。


 7時過ぎに起きて、YouTubeで準メルクル指揮リヨン国立管弦楽団が演奏したドビュッシーの小組曲、シンディ・ローパーが歌った『ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン』を聴いたりしながら朝の準備をすませ、8時17分に外出する。


 で、夕方までアルバイトに勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 帰りがけ、濡れる濡れる。


 途中夕飯を挟み、OBCの『hanashikaの時間。』を聴く。


 夕飯後、YouTubeで準メルクル指揮リヨン国立管弦楽団が演奏したドビュッシーのベルガマスク組曲、交響組曲『春』、白と黒で、交響曲ロ短調、ジョン・ウィルソン指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルが演奏したウォルトンの喜劇序曲「スカピーノ」、バターワースの2つのイギリスの田園詩曲、ディーリアスの楽園への道、バックスの幸せな森、エルガーの愛の挨拶(ジェームズ・クラークのヴァイオリン独奏)、ヴォ―ン=ウィリアムズのイギリス民謡組曲、揚げひばり(クラークのヴァイオリン独奏)、ジャーマンのネル・グウィン序曲、ネーメ・ヤルヴィ指揮BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団他が演奏したパリーのイングランドとエルサレムを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、2月の創作について考えたのち作品の手直しをしたり、新しい作品を書き進めたり、山本昭宏の『戦後民主主義』<中公新書>を読み進めたりする。


 今日は、アルバイト先でいただいたお菓子などを食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 そして、今月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:34| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする