2020年09月22日

秋分の日 立ち話をした(CLACLA日記)

 秋分の日。
 世は四連休の最終日。


 どんよりとしたお天気へ。
 台風12号も接近しているらしい。
 明日は雨か。

 じめじめむしむしとして、あまり快ならず。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、2時過ぎに寝床に就く。


 珍しく10時近くまで朝寝坊。

 午前中、YouTubeでロジャー・ノリントン指揮ロンドン・フィル他が演奏したヴォーン・ウィリアムズの交響曲第5番と田園交響曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、木内昇の『占』<新潮社>を読み進めたりする。


 午後、YouTubeでロジャー・ノリントン指揮ロンドン・フィルが演奏したヴォーン・ウィリアムズの交響曲第4番と第6番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 14時台に外出し、夕飯用の買い物をすませる。

 その帰路、先方がツイートでこちらの名前を出してくれていたので名前を明かすと、努力クラブの合田団地君とばったり。
 久しぶりということもあり、けっこう長い時間立ち話を愉しむ。
 努力クラブの配信公演など演劇のこともそうだけれど、小説などの話ができたのも嬉しかった。
 中でも、小林紀晴について教えてもらったのはありがたい。
(帰宅後すぐに調べ、図書館で『小説家』という対談集を予約もする)


 夕飯後、YouTubeでアンドリュー・マンゼ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルが演奏したヴォーン・ウィリアムズの交響曲第8番と第9番、イヴァン・レプシッチ指揮ミュンヘン放送管弦楽団が演奏したスッペの喜歌劇『軽騎兵』序曲、喜歌劇『怪盗団』序曲、喜歌劇『スペードの女王』序曲、喜歌劇『親方夫人』序曲、喜歌劇『ウィーンの朝・昼・晩』序曲、ABCラジオの『よなよな…火曜日』、ニコラ・アンゲリシュが弾いたショパンの12の練習曲作品番号10から10と12「革命」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『妻夫木夫妻と生方氏』を書き進めたり、『占』を読み進めたりする。


 今日は、ミスターイトウのラングリー黒糖きなこを食す。
 西院の業務スーパーで購入したもの。
 黒糖きなこクリームをラングドシャークッキーでサンドしたもの。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!
(子供の頃から、僕はラングドシャークッキーが好物なのだ)


 面白い人と話すと、やっぱり面白いや。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:49| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする