2020年09月12日

午前中、お米を買った(CLACLA日記)

 どんよりとした感じは強かったものの、青空も見えるお天気。

 日中気温は上昇し、まだまだ暑さを感じる。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 熱中症にはお気をつけのほど。
 新型コロナウイルスにもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 安倍総理が会食を楽しみ、ゴルフに興じ、ミサイル防衛に関する談話を発表した。
 どこまで馬鹿にされれば気がすむのか。
 恥ずかしいったらありゃしない。


 安倍内閣が今日も続く。
 自民党政府が今後も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ
 本当に救い難い状況である。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、1時半過ぎに寝床に就く。


 8時台に起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。
 その間、西院の業務スーパーまで足を運び、お米10キロなどを購入する。


 その後、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』、YouTubeでデヴィッド・ロイド=ジョーンズ指揮ボーンマス交響楽団が演奏したスタンフォードの交響曲第1番、リチャード・プレーンの独奏によるクラリネット協奏曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、川上弘美の『某』<幻冬舎>を読み進めたりする。


 正午過ぎ、眠気に勝てず、少しうとうととする。


 14時台に再び外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでロイド=ジョーンズ指揮ボーンマス交響楽団が演奏したスタンフォードの交響曲第2番「哀歌」、第3番「アイリッシュ」、第4番、第5番、NHK・FMで山田和樹指揮NHK交響楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第29番の実況中継(NHKホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『妻夫木夫妻と生方氏』について考えたり、『某』を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『土曜いそべ堂』を聴く。


 夕飯後、YouTubeでロイド=ジョーンズ指揮ボーンマス交響楽団が演奏したスタンフォードの交響曲第6番「G.F.ワッツの想い出に」と第7番、パブロ・エラス=カサド指揮フライブルク・バロック・オーケストラが演奏したメンデルスゾーンの序曲『美しきメルジーネの物語』と『フィンガルの洞窟』、NHK・FMの『クラシックの迷宮』、ネーメ・ヤルヴィ指揮エーテボリ交響楽団が演奏したアッテルベリの交響曲第6番、第7番、第8番、トーマス・アデスが弾いたヤナーチェクの草かげの小径にて第1集&第2集を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『某』を読み進めたりする。
 『クラシックの迷宮』は、「豪壮と絢爛の作曲家」と題し、フローラン・シュミットの生誕150年を記念した特集が組まれていた。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:50| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする