2020年09月03日

『今夜、宇宙の片隅で』を観たくなった(CLACLA日記)

 台風の影響で、どんよりとした感じの強いお天気。
 なんとか雨は降らなかったみたいだが。

 まだまだ暑い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 熱中症にはお気をつけのほど。
 新型コロナウイルスにもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 身体、重たし。
 目の疲れ、ひどし。
 両耳の不調も続く。


 朝日新聞夕刊の三谷幸喜の連載「三谷幸喜のありふれた生活」は、先日亡くなった梅野泰靖を悼んだ文章。
 刑事コロンボでの吹き替えに始まり、川島雄三監督の『幕末太陽傳』を経て、自作への出演に繋がるという梅野さんとの関係が簡潔に記されるとともに、三谷さんの梅野さんに対する親愛の念もよく出ていて、心を強く動かされる。
 改めて、梅野さんも出演した『今夜、宇宙の片隅で』を観たくなった。


 菅内閣の閣僚人事が云々されている。
 いやはやなんともはや。
(そういえば、小田嶋隆が第三次安倍内閣の大惨事についてツイートしていたが、ありえない話ではないと思ってしまう。二度あることは…)


 大阪市議会で大阪都構想案が可決された。
 いやはやなんともはや。


 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ
 本当に救い難い状況である。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時20分頃寝床に就く。


 7時過ぎに起きて、YouTubeでフィリップ・ジョルダン指揮パリ・オペラ座管弦楽団が演奏したラヴェルのラ・ヴァルスを聴いたりしながら朝の準備をすませ、8時15分に外出する。


 で、夕方までアルバイトに勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでエディング・カルテットが演奏したベートーヴェンの大フーガを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、雑件を片付けたりする。


 夕飯後、YouTubeでジョン・エリオット・ガーディナー指揮オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティーク他が演奏したブラームスの運命の女神たちの歌、交響曲第3番、哀悼の歌、ベートーヴェンの序曲『コリオラン』、ブラームスの交響曲第4番、運命の歌、ケネス・シャーマーホーン指揮ナッシュヴィル交響楽団が演奏した、アラン・フェインバーグの独奏によるピアノ協奏曲、交響曲「ゲーリック」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、笙野頼子の『会いに行って』<講談社>を読み進めたりする。


 今日は、アルバイト先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:32| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする