2019年12月10日

髪を切ってすっきりするも… 何が美しい国か(CLACLA日記)

 少しどんよりとした感じはありつつも、晴天が続く。

 日中は、気温も上昇する。
 ただし、朝晩は冷え込むが。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪やインフルエンザにはお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。
 精神的にダルだ。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 改憲改憲と安倍総理がまたぞろ妄言を繰り返している。
 麻生副総理がそれに連なる。
 権力闘争の臭いはすれど、それより何より腐敗臭のすさまじさに怒りを覚える。
 しかも、マスメディアはそれに唯々諾々と従って恥じない。
 何が美しい国か。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeでパーヴォ・ヤルヴィ指揮NDRエルプ・フィルが演奏した、ローラ・エイキンのソプラノ独唱によるベルクの7つの初期の歌とブルックナーの交響曲第2番(ハンブルク・エルプ・フィルハーモニー)、オメール・メイア・ヴェルバー指揮NDRエルプ・フィルが演奏したチャイコフスキーのマンフレッド交響曲(同)、ミヒャエル・ザンデルリンク指揮SWR交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第10番からアダージョ(2019年9月、シュトゥットガルト・リーダーハレ)、ジェイムズ・ガフィガン指揮オランダ放送フィルが演奏したドビュッシーの牧神の午後への前奏曲、サーシャ・クックのメゾソプラノ独唱によるラヴェルの歌曲集「シェエラザード」(同年同月20日、ユトレヒト・ティヴォリ・フレデンブルク)を聴いたりしながら、高尾長良の『音に聞く』<文藝春秋>と『斎藤隆夫日記』下<中央公論新社>を読み進めたり、作業を進めたりしたのち、4時過ぎに寝床に就く。
 途中、GYAO!の無料配信で『ハル〜総合商社の女〜』の最終回をとばし観したりもした。


 9時台に起きて洗濯をすませたのち外出し、三条通のGUESTで髪を切る。
 ささっと短くしてもらって、すっきりした!!
 で、今回から50円の値上げ。
 もともとが安かったので仕方ないけれど、カイケンカイケンと馬鹿のいっちょ覚えを繰り返す馬鹿一党への怒りが再燃する。


 帰宅後、YouTubeでガフィガン指揮オランダ放送フィル他が演奏したルーセルの交響詩『エヴォカシオン』(同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『イマニュエル・ボンテンポの愉快な冒険』を書き進めたりする。


 午後、ABCラジオの『森脇健児のケンケン・ゴウゴウ!』、YouTubeでディーマ・スロボデニューク指揮オランダ放送フィルが演奏したプロコフィエフのバレエ音楽『シンデレラ』抜粋(2018年11月16日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『イマニュエル・ボンテンポの愉快な冒険』を書き進めたり、『斎藤隆夫日記』下を読み進めたりする。


 その後、大切な予定をすませる。

 それから外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでケルンWDR交響楽団チェンバー・プレイヤーズ6重奏団が演奏したブラームスの弦楽6重奏曲第1番(ケルン・フィルハーモニー)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『音に聞く』と『斎藤隆夫日記』下を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』でNHK音楽祭2019年のヤニク・ネゼ=セガン指揮フィラデルフィア管弦楽団のコンサートのライヴ録音(2019年11月7日、NHKホール)を聴く。
 ハオチェン・チャンの独奏によるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」などが演奏されていた。


 夕飯後、ウラディーミル・ユロフスキ指揮ロンドン・フィルが演奏したロッシーニの歌劇『ラ・チェネレントラ』のDVD<日本コロムビア>から第2幕のフィナーレを観聴きしたり、ABCラジオの『よなよな…火曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『音に聞く』と『斎藤隆夫日記』下を読み進めたりする。


 今日は、栄屋乳業のひとくちカスタードシューを食す。
 寺町通のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 あっさりした甘さのカスタードクリーム入りのひとくちシュークルートで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:20| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする