2019年03月04日

夕方、下京図書館へ(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気から青空へ。
 ただし、小雨も降る。

 気温はあまり上昇せず。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪やインフルエンザにはお気をつけのほど。
 花粉症にもお気をつけのほど。


 気圧と湿度と花粉のトリプルパンチ。
 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、3時半過ぎに寝床に就く。


 9時台に起きる。

 午前中、YouTubeでハンス・フォン・ベンダ指揮ハンス・フォン・ベンダ室内管弦楽団が演奏したグルックのバレエ音楽『ドン・ジュアン』抜粋、トマス・ビーチャム指揮ロイヤル・フィルが演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのクリスマス・オラトリオからシンフォニア、ヘンデルの忠実な羊飼いからガヴォット、ハイドンの交響曲第40番と第102番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったり、『Yの話』を書き進めたり、内藤一成の『三条実美』<中公新書>を読み進めたりする。


 午後、YouTubeでウィレム・メンゲルベルク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したドッパーのゴシック風シャコンヌ、ルドルフ・バルシャイ指揮モスクワ室内管弦楽団が演奏したモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番(ダヴィッド・オイストラフの独奏)、ボッケリーニの交響曲変ホ長調を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『三条実美』を読み進めたりする。


 仕事関係の予定をすませる。


 その後、YouTubeでヘルマン・シェルヘン指揮シャンゼリゼ劇場管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第40番と第41番「ジュピター」、シェルヘン指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団が演奏したハイドンの交響曲第88番「V字」と第92番「オックスフォード」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、横溝正史の『恐ろしき四月馬鹿』<柏書房>と『三条実美』を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、下京図書館へ。
 森田芳光監督の『間宮兄弟』(DVD)、パーヴォ・ヤルヴィ指揮エストニア国立交響楽団他が演奏したショスタコーヴィチのカンタータ・オラトリオ集<ERATO>、リチャード・エヴァンズの『第三帝国の到来』上・下<白水社>を返却し、予約しておいた永田琴監督の『Little DJ』(DVD)、マルティン・シュタットフェルトが弾いた『ドイツ・ロマンティック』<SONY>を新たに借りる。

 その後、夕飯用の買い物をすませ、京都芸術センターで用件を片付け帰宅した。


 帰宅後、『ドイツ・ロマンティック』を聴く。
 ワーグナーのアルバムの一葉、シューマンの森の情景とシュタットフェルト自身の編曲によるリーダークライス作品39より「月の夜」、リスト編曲によるワーグナーの歌劇『タンホイザー』序曲、ブラームスの3つの間奏曲(イ長調作品118−2、嬰ハ短調作品117−3、ハ長調119−3)、リストのバッハのカンタータ『泣き、嘆き、憂い、おののき』のコンティヌオによる変奏曲、リスト編曲によるワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』から「イゾルデの変容(愛の死)」と、タイトルに相応しいドイツ・ロマン派の作曲家のピアノ作品が収められた一枚。
 抒情性の勝ったシュタットフェルトのスタイルから考えて、シューマンやブラームスとの相性は確かにいいし、逆に彼の不安定さというか歪さがワーグナーでは活きていた。
 ただし、森の情景の「予言の鳥」はちょっと素っ気ない感じもする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』で、去年のブレゲンツ音楽祭におけるアンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮ウィーン交響楽団のコンサートのライヴ録音の後半部分を聴く。
 ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」が演奏されていた。


 夕飯後、シュタットフェルトが弾いた「イゾルデの変容」、レオポルド・ストコフスキー指揮フィラデルフィア管弦楽団が演奏したストコフスキー編曲によるワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』第2幕&第3幕から「愛の音楽」、YouTubeでニコライ・ゴロワノフ指揮モスクワ放送交響楽団が演奏したワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』第1幕への前奏曲と愛の死、楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第3幕への前奏曲、舞台神聖祝典劇『パルシファル』前奏曲と聖金曜日の音楽、ズビン・メータ指揮ウィーン・フィルが演奏したワーグナーの楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲、歌劇『ローエングリン』第3幕への前奏曲、ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団が演奏したワーグナーの楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲、楽劇『ワルキューレ』からワルキューレの騎行を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったり、『恐ろしき四月馬鹿』と『三条実美』を読み進めたりする。


 今日は、チョコチップクッキーの残りを食す。
 昨日近くのダイソーで購入したもの。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!
(昨日は、この一袋しか残っていなかった。安くて量が多い上に、そこそこの味なので売れるんだろうな)


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:40| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『グリーンブック』をササハラユウキ監督と観た(深夜のCLACLA)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨降り。

 気温は下がり、じめ寒い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪やインフルエンザにはお気をつけのほど。
 花粉にもお気をつけのほど。


 気圧と湿度と花粉のトリプルパンチ。
 雨というのにくしゃみを連発する。
 両耳の不調も続く。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeでヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルが演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」、ワーグナーの楽劇『神々の黄昏』からジークフリートの葬送行進曲、歌劇『ローエングリン』から第1幕への前奏曲、楽劇『トリスタンとイゾルデ』から第1幕への前奏曲と愛の死を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 寝る前、リチャード・エヴァンズの『第三帝国の到来』下<白水社>を読了する。
 ヴァイマール共和国が如何にして崩壊し、ナチスが如何にして権力を握るに到ったかを同時代の証言なども交えつつ、丁寧に検証した大作。
 全くもって他人事ではない。


 9時台に起きる。

 午前中、YouTubeでブルーノ・ヴァイル指揮ウィーン・フィルが演奏したモーツァルトのセレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、交響曲第38番「プラハ」、歌劇『にせの女庭師』序曲、3つのドイツ舞曲、歌劇『皇帝ティートの慈悲』序曲、交響曲第41番「ジュピター」、ABCラジオの『全力投球!!妹尾和夫です サンデー』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったり、『Yの話』を書き進めたりする。


 午後、YouTubeでアルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団が演奏したヨハン・シュトラウスU世のワルツ『美しく青きドナウ』、ワルトトフィフェルのスケーターズ・ワルツ、モーツァルトのディヴェルティメント第15番、歌劇『フィガロの結婚』序曲、ドニゼッティの歌劇『ドン・パスクヮーレ』序曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったり、横溝正史の『恐ろしき四月馬鹿 横溝正史ミステリ短編コレクション1』<柏書房>、内藤一成の『三条実美』<中公新書>を読み始めたりする。


 仕事関係の予定をすませる。


 その後、YouTubeでソプラノのクリスティーナ・ガンシュとテオドール・クルレンツィス指揮SWR交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第4番(2019年2月22日、シュトゥットガルト・リーダーハレ)、ルードヴィヒ・トリオとエリアフ・インバル指揮SWR交響楽団が演奏したベートーヴェンの3重協奏曲(2018年11月9日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『恐ろしき四月馬鹿』と『三条実美』を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅する。


 帰宅後、YouTubeでウィレム・メンゲルベルク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したベートーヴェンの序曲『コリオラン』、ラヴェルのボレロ、ウェーバーの歌劇『オベロン』序曲、オランダ国歌を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『三条実美』を読み進めたりする。


 早めに夕飯をすませたあと、19時半に外出しTOHOシネマズ二条へ。
 ササハラユウキ監督の誘いで、ピーター・ファレリー監督の『グリーンブック』を観る。
 しっかりとした構成でテンポがよく、なおかつ伝えたいこともはっきりとしている。
 2時間強という尺に全く長さを感じさせなかった。
 俳優陣の層も実に厚い。
 ああ、面白かった!!!
 そして、いろいろと考えることあり。

 上映終了後、ササハラ監督と『グリーンブック』についてや、『あしたのねがい』についていろいろと話をし、24時過ぎに帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでアルバート・コーツ指揮交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第7番(1921年録音/短縮版)、ラファエル・クーベリック指揮チェコ・フィルが演奏したスメタナの交響詩『モルダウ』(1937年録音)、メンゲルベルク指揮ニューヨーク・フィルが演奏したベートーヴェンの序曲『コリオラン』、モーツァルトの歌劇『魔笛』序曲、チェロのパブロ・カザルスとピアノのアルフレッド・コルトーが演奏したベートーヴェンのモーツァルトの歌劇『魔笛』の主題による7つの変奏曲、マルグリット・ロンが弾いたショパンのスケルツォ第2番、モーリス・マレシャルとフィリップ・ゴーベール指揮交響楽団が演奏したラロのチェロ協奏曲、デンマーク国立放送管弦楽団管楽器メンバーが演奏したモーツァルトのディヴェルティメント第12番と第14番を聴いたりしながら、ササハラ組の連絡作業を行ったり、雑件を片付けたりする。


 以上、3月3日の日記。
posted by figarok492na at 01:50| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする