2018年11月26日

第53回座錦湯

☆第53回座錦湯

 出演:桂三幸さん、桂治門さん、露の新幸さん
(2018年11月26日19時開演/錦湯)


 11月も最終週。
 いよいよ年末だ。
 寒さもどんどん増してきた京この頃だが、今夜も錦湯さんには常連さんやリピーターさんが集まった。
 今夜は、女性率が高かった。

 第53回目となる座錦湯は、現支配人のビリートップの皆さんがいずれもアウト!
 ということで、二代目支配人の桂三幸さんが差配を務め…。
 ることになっているのだけれど、前々からの用件があったため、桂治門さん、露の新幸さんのお二人がたっぷりトークで奮戦し、お客さんを盛り上げる。
 さらに三幸さんが加わってトークを繰り広げたのち、落語がスタート。

 じゃんけんの負けたもん順で、まずは新幸さんが高座へ。
 日頃から字が読める字が読めると偉そうにしていた男、実は全く字が読めず…。
 勧進帳よろしく読めない手紙をそれらしく読もうと無理を重ねる男の姿を描いた、古典の『手紙無筆』である。
 新幸さんはテンポのよいアグレッシブな口演で、実は字の読めない男の逆ギレぶりがおかしかった。

 続いては、治門さん。
 桂小春団治さんのお弟子さんで、錦湯さんには二回目の出演だ。
 古典の『茶の湯』をかけたが、こちらは柔らかい語り口。
 とんちんかんな茶の湯に勤しむご隠居さんと小僧さんが憎めない。
 くりくりっとした目をはじめ、表情の変化が印象に残った。

 トリは、三幸さんだ。
 ボウズのスピーカーから流れる『ルパン三世』のテーマにのって登場した。
 で、本題はおなじみ古典の『厩火事』。
 普通25分かかるで、と言われる噺を三幸さんはスピーディーに演じ切る。
 小林秀雄曰くモーツァルトのかなしさが疾走するのと同様、三幸さんの厩火事は疾走する!
 当然、三幸さん流儀の会話の切り返しも疾走する!

 で、治門さんの写真を使ったフリップ漫談と、それに対する三幸さんの解説と突っ込みがあったあと、さらに新幸さんのギター伴奏で三幸さんが歌を歌うというおまけ付き。
 12月22日の朝に天満天神繁昌亭で予定されている三幸さんや新幸さんたちの会の前準備である。
 三幸さんの歌声はもちろんのこと、かつてユニバーサル・レコードからCDをリリースしたことのあるミュージシャン出身の新幸さんのギターがまた見事だった。

 と、今夜も盛りだくさんの内容でした。
 ああ、面白かった!!

 そして、毎週月曜夜は皆さんも座錦湯へぜひ!!
posted by figarok492na at 23:26| Comment(0) | 落語・ネオ落語記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『鉄道人とナチス』を読了した(早めのCLACLA)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じのお天気。

 日中は気温が上昇する。
 朝晩は冷え込むも。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪など召しませんように。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 カルロス・ゴーンや大阪万博で大騒ぎしているうちに、安倍内閣が無理無体無法無謀を押し進めようとしている。
 いつもの厚顔無恥で因循姑息なやり口だ。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救いがたい状況である。


 東京五輪、大阪万博。
 そして、今度は札幌が五輪に名乗りと…。
 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿には絶対になるまい。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、フォルテピアノのオルガ・トヴェルスカヤが弾いた『サンクトペテルスブルクの宮廷の音楽』(フィールドやロシアの作曲家による夜想曲集)<Opus111>、YouTubeでマレク・ヤノフスキ指揮hr交響楽団が演奏したシューマンの交響曲第4番(2018年11月23日、フランクフルト・アルテ・オーパー)を聴いたりしながら作業を進めたのち、2時過ぎに寝床に就く。


 9時20分に起きる。

 午前中、YouTubeでクリスチャン・リンドバーグ指揮ノルウェー・アークティック・フィルが演奏した、パーチョ・フローレスの独奏によるハイドンのトランペット協奏曲、チャイコフスキーの交響曲第4番(同年11月11日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『馬猿譚』の改稿作業を進めたりする。


 午後、ABCラジオの『上沼恵美子のこころ晴天』、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニーのサイトでジャン・クリストフ・スピノジ指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第7番(2017年2月、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー・コンサートホール)、アラン・アルティノグリュ指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルが演奏したバルトークの管弦楽のための協奏曲(2018年3月、同)、BRのサイトでサイモン・ラトル指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したシューマンの交響曲第3番「ライン」(同年1月26日、ミュンヘン・ヘラクレスザール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 鴋澤歩の『鉄道人とナチス』<国書刊行会>を読了する。
 ヒトラー政権下、交通大臣兼ドイツ国鉄(ライヒスバーン)総裁であったユリウス・ドルプミュラーの人生を追うとともに、彼が果たした役割やユダヤ人迫害との関係について検証した一冊である。
 いろいろと考えさせられた。

 続けて、京極夏彦の『ヒトごろし』<新潮社>を読み始める。


 まもなく外出の予定。
 座錦湯なり。
 それじゃあ、行って来ます!
posted by figarok492na at 17:51| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする