2018年09月14日

身体のメンテナンスのあと、河原町に出た(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨降り。

 気温は下がるも、じめじめとしてあまり快ならず。
 寒暖の差が激しいので、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 気圧と湿度のWパンチ。
 両耳の不調も続く。
 ただし、メンテナンスのおかげで身体はだいぶん楽になった。


 ロシアのプーチン大統領への対応一つとっても、安倍晋三という人物の因循姑息さ、破廉恥漢ぶりがよくわかる。
 内においては愛国だのなんだのと威勢のよいことを口にしつつも、いったん外に出ればこの有り様だ。
 これでは、アメリカはもとより、ロシアばかりか中国や北朝鮮、韓国にも馬鹿にされるだけではないのか。
 お話にならない。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、ОBCの『上坂すみれの文化部は夜歩く』、KBS京都で岡村隆史のオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 10時に起きる。

 午前中、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、危うるを組の準備を行ったりする。


 午後、仕事関係の予定をすませる。

 その後、危うるを組の準備を行う。


 16時台に外出し、市バスで府立医大病院前へ。
 京都府立文化芸術会館で用件を片付ける。

 その後、百万遍方面へ。
 京都大学生協の書籍で調べ物をしたあと、ルネカフェで少し休む。

 で、身体のメンテナンスへ。
 いつもの如く、じっくり行ってもらうことができた。
 ああ、すっきりした!

 それから市バスで河原町まで出て、仕事関係の用件を片付ける。
 ついでに、JEUGIA三条本店、BALのブックオフとタワーレコードをのぞく。

 夕飯用の買い物をすませ、20時過ぎに帰宅した。


 帰宅後、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』を途中から聴く。
 チェンバロのクリスティアン・ベザイデンホウトとレ・パシオン・ド・ラームのコンサートのライヴ録音(2018年5月10日、シュヴェツィンゲン・ロココ劇場)が放送されていた。


 夕飯後、YouTubeでカルロス・クライバー指揮ウィーン・フィルが演奏したモーツァルトの交響曲第36番「リンツ」とブラームスの交響曲第2番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、危うるを組の準備を行ったり、連作『喪服の似合うカサンドラ』について考えたりする。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 今日は市バスの一日乗車券を活用したが、もう600円に値上がりしていたのか。
 それでも十分もとはとれたけど。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:47| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする