2018年09月12日

花巻行きの準備を進める(CLACLA日記)

 どんよりとした感じが続く。
 微かに青空は見えつつも。

 気温は下がっている。
 寒暖の差が激しいので、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 気圧と湿度のWパンチ。
 心身ともにダル気味。
 両耳の不調も続く。


 自民党総裁選。
 議員の大半が安倍晋三を支持している旨の報道が行われている。
 茶番もいいところ。
 馬鹿に付ける薬はない。


 その安倍晋三は来月訪中し、習近平国家主席と首脳会談を行うそうだ。
 いろいろと考えることあり。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、フランソワ・ルルーとダニエル・ハーディング指揮スウェーデン放送交響楽団他が演奏したリヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲他<SONY>、NHKのラジオ深夜便を聴いたりしながら作業を進めたのち、2時半頃寝床に就く。


 9時台に起きる。

 10時20分過ぎに外出し、銀行や郵便局を回り、ついでに買い物を行う。
 16日〜27日にかけての花巻行きのためなり。

 帰宅後、仕事関係の作業を進めたり、危うるを組の準備を行ったりする。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも水曜日』や、ルルーとハーディング指揮スウェーデン放送交響楽団他が演奏したリヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲他、ラルキブデッリが演奏したブラームスの弦楽6重奏曲第2番<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『喪服の似合うカサンドラ』を書き進めて第1稿を完成させたり、危うるを組の準備を行ったりする。
 『喪服の似合うカサンドラ』は、原稿用紙に換算して30枚分になった。


 17時半過ぎに再び外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、ギターの福田進一が弾いたソルのモーツァルトの『魔笛』の主題による変奏曲他<DENON>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』でミンゲット・カルテットのコンサートのライヴ録音(2018年4月29日、シュヴェツィンゲン・モーツァルトザール)を聴く。
 モーツァルトの弦楽4重奏曲第14番「春」、ウェーベルンの6つのバガテル、ルジツカの『断章〜弦楽4重奏のための5つのエピグラム〜』、アネッテ・ライジンガーの編曲によるマーラーの『私はこの世に忘れられ』、ブラームスの弦楽4重奏曲第1番他が演奏されていた。


 夕飯後、バリトンのクリスティアン・ゲルハーヘルがゲロルト・フーバーのピアノ伴奏で歌ったシューベルトの歌曲集『白鳥の歌』他<ARTE NOVA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、危うるを組の準備を行ったりする。


 このあと、危うるを組の準備絡みで人と会う約束あり。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:35| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする