2018年08月09日

長崎への原子爆弾投下から73年が経った(CLACLA日記)

 アメリカ政府による長崎市への原子爆弾投下から73年が経った。
 戦争で犠牲となった全ての方々に、深く、深く、深く、深く、深く黙禱。


 晴天が続く。

 気温は今日も上昇し、暑さが厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、芳しからず。
 風邪をひいたのか、喉が腫れぼったく、身体が重ただるい。
 やれやれ。
 両耳の不調も続く。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeでステファノ・ランザーニ指揮チューリッヒ歌劇場管弦楽団他が演奏したレオンカヴァッロの歌劇『道化師』(2009年、チューリッヒ歌劇場)、KBS京都でAKB48のオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時半過ぎに寝床に就く。


 9時台に起きる。

 午前中、アントネッロ・マナコルダ指揮カンマーアカデミー・ポツダムが演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」<SONY/BMG>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、石井遊佳の『百年泥』<新潮社>を読み進めたりする。

 11時2分、黙禱を捧げる。


 午後、仕事関係の作業を進めたり、『百年泥』を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』でシュテファン・ザンデルリンク指揮ハンブルク交響楽団のコンサートのライヴ録音を聴く。
 ブラームスの交響曲第4番と第1番、モーツァルトの歌劇『フィガロの結婚』序曲が演奏されていた。


 夕飯後、KBS京都の『蛤御門のヘン』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『百年泥』を読み進めたりする。


 今日も、ココナッツウエハースを食す。
 昨日の残りなり。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:14| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする