2018年04月23日

午前中、郵便局や銀行を回った(早めのCLACLA)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しい。
 夏だよ夏。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 昨夜、4時40分過ぎに寝床に就く。


 7時台には目が醒める。

 で、仕事関係の予定をすませたのち、10時過ぎに外出し、銀行や郵便局を回る。

 帰宅後、YouTubeでノルウェー室内管弦楽団が演奏したシューベルトのイタリア風序曲第2番などを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 午後、フィルハーモニー・ド・パリのサイトでベルナルト・ハイティンク指揮ヨーロッパ室内管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」、ミシェル・デヤングのソプラノ独唱によるワーグナーのヴェーゼンドンク歌曲集、ブラームスのセレナード第1番(1997年6月14日、パリ・シテ・ド・ラ・ミュージック)、トゥガン・ソヒエフ指揮国立トゥールーズ・キャピトル管弦楽団が演奏した、ワディム・レーピンの独奏によるグラズノフのヴァイオリン協奏曲、ショスタコーヴィチの交響曲第12番「1917年」(2018年3月6日、フィルハーモニー・ド・パリ大ホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、生島美紀子の『天才作曲家 大澤壽人』<みすず書房>を読み進めたりする。


 まもなく外出の予定。
 27回目となる座錦湯なり。
 それじゃあ、行って来ます!
posted by figarok492na at 18:55| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸山交通公園ワンマンショーを愉しみ、大切な予定をすませた(深夜のCLACLA)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 今日も気温が上昇し、暑さが厳しい。
 夏の勢い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンやABCラジオの『霜降り明星のだまし討ち』を聴いたりしながら作業を進めたのち、4時頃寝床に就く。


 7時に起きて、予定をすませる。


 その後二度寝し、10時過ぎに起きる。
 ABCラジオの『全力投球!!妹尾和夫です』などを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『馬猿譚』の手直しを行ったりする。


 午後、仕事関係の予定をすませる。

 その後、NHK・FMの『きらクラ!』や、YouTubeでホルスト・シュタイン指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したモーツァルトの交響曲第20番と第36番「リンツ」(1991年、ザルツブルク・モーツァルテウム大ホール)、ジョルジュ・プレートル指揮バンベルグ交響楽団が演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』、ミヒャエル・ヘルムラート指揮ミュンヘン・フィル室内管弦楽団が演奏した歌劇『カプリッチョ』から序奏、マリー・ルイーゼ・ノイネッカーの独奏によるホルン協奏曲第1番(ポーリング・ライブラリーホール)、ダン・エッティンガー指揮ケルンWDR交響楽団他が演奏したクラリネットとファゴットのための二重小協奏曲、クラリネットと管弦楽のためのロマンスを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、生島美紀子の『天才作曲家 大澤壽人』<みすず書房>を読み進めたりする。


 19時に外出し、卸売りひろばタカギで買い物をしてからJR二条駅近くのK’s office-京都二条の館-へ。
 丸山交通公園ワンマンショー新作ネタおろし公演20を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!


 で、終演後、丸山君への挨拶もそこそこに(できれば久しぶりなのでもっと話をしたかったが)別所へ移動し、夕飯をとったりしながら、大切な予定をすませる。
 刺激を受けたり、自省したり。
 ああ、面白かった!!


 23時半過ぎに帰宅し、YouTubeでパーヴェル・コーガン指揮モスクワ交響楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第10番他、ハンス・グラーフ指揮ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団他が演奏したモーツァルトの交響曲第45番ニ長調K.95、マリア・ティーポの独奏によるピアノ協奏曲第21番、交響曲第39番他(ザルツブルク・モーツァルテウム大ホール)を聴いたりしながら、丸山交通公園ワンマンショー記録をアップしたり、作業を進めたりする。


 今日は、森永のベイククッキーショコラを食す。
 卸売りひろばタカギで購入したもの。
 しっとりとしたチョコを挟んだスティック状(カニカマ風より少し大きい感じ)のクッキーで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 以上、4月22日の日記。
posted by figarok492na at 00:41| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸山交通公園ワンマンショー新作ネタおろし公演20

☆丸山交通公園ワンマンショー新作ネタおろし公演20

 出演:丸山交通公園
(2018年4月22日19時半開演/K’s office-京都二条の館-)


 日曜14時からのツイキャス『ウキウキラジオ』は何度か愉しんでいたものの、ここのところ生の丸山交通公園君に接していない人間としては、まさしく干天の慈雨。
 とまで記すと大げさに過ぎるけど、やっぱりワンマンショーがあるならマスト、ということで、2ケ月ぶりとなる丸山交通公園ワンマンショーを観にJR二条駅近くのK’s office-京都二条の館-までおっとり刀で足を運んだ。

 さて、20回目となる新作ネタおろし公演は『北朝鮮の漫談家』と『ドラゴンボールの話』の二本。

 まず、先週終わったコント公演の打ち上げの席で、「また次の公演観に行くよ」「また会おう」と語り合った熱も醒めぬ間の今週というのに、関係者が一人も来ていないのはどういうこと?
 と冒頭のトークで語って早速大きな笑いを生み出す。
 で、一本目の『北朝鮮の漫談家』へ。
 北朝鮮の住みます芸人となった男、どうすればかの地に受け入れられるかと悩みに悩んだ末思い付いたネタというのが…。
 といった展開を辿る新作で、当然時事性、諷刺性も加味された作品なんだけど、それより何より道化の魂というか、人前で笑いをとることへの丸山君の想いがそこここに垣間見られた内容となっていたのではないか。
 ラストも丸山君らしい。

 続く二本目の『ドラゴンボールの話』は、ふと『ドラゴンボール』に興味を持った丸山君だったが、漫画全巻読むのもテレビアニメのDVD全部を観るのもいかんせん無理がある。
 と、そこで、僅かなお金で『ドラゴンボール』の世界を知ることのできるあるものを発見した。
 それは何かといえば、ハリウッドで製作された『ドラゴンボール』の映画で…。
 正直、世代的にはどんぴしゃなれど、橋本潮が歌うテレビアニメのエンディングテーマ『ロマンティックあげるよ』が大好きな以外は野沢雅子が主人公の声をやっている程度しか知らない当方にとっても興味津々なテーマのネタだが、まあ噂に名高い、ではない名低いハリウッド版を選んだ段階で勝ちは見える。
 原作とはたぶん似ても似つかぬだろう荒唐無稽なつまらないあらすじを語って聴かせる、丸山君の語り口の面白いこと。
 だめさの中のだめさの指摘もばっちりで、いやあおもろおかしかったなあ。
 ああ、面白かった!!

 そして、次回の丸山交通公園ワンマンショー・丸山君の新作が本当に愉しみだ!!
posted by figarok492na at 00:26| Comment(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする