2018年03月30日

『本仮屋ユイカの笑顔のココロエ』が終了した(CLACLA日記)

 今日も晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 ただし、気温は少し下がった。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 風邪など召しませんように。


 体調、今一つ。
 花粉禍、ひどし。
 両耳の不調も続く。


 森友学園問題や加計学園問題への疑念疑惑は一切解消していないというのに、安倍首相一党の因循姑息ぶりには歯止めがきかない。
 少しでも支持率を回復させようとばかり、困ったときの北朝鮮頼みというか、拉致被害者の問題に関して上っ面だけ解決をどうこうというポーズをまたぞろ取り始めている。
 どれだけコケにされれば気がつくのか。
 北朝鮮の政府のやり方はもちろん度し難いが、それを利用して恥じない安倍首相一党も度し難い。
 腹立たしいかぎり。


 またぞろ貴乃花どうこうである。
 目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。
 そして、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。


 昨夜、作業を進めたのち4時過ぎに寝床に就く。


 10時に起きる。

 雑件を片付けたのち11時過ぎに外出し、仕事関係の用件を片付ける。


 午後、YouTubeでユッカ・ペッカ・サラステ指揮ケルンWDR交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第5番(2017年11月17日、ケルン・フィルハーモニー)と第8番(2018年2月23日、同)、NPO Radio4でジョナサン・ノット指揮18世紀オーケストラが演奏したブラームスのハンガリー舞曲抜粋、ハイドンの主題による変奏曲、トーマス・ツェートマイヤーの独奏によるヴァイオリン協奏曲(同年3月27日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)、ABCラジオの『武田和歌子のぴたっと。』、セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルが演奏したブルックナーの交響曲第7番<SONY/BMG>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 そういえば、毎週月曜から金曜にかけて15時前の5分ほどABCラジオで放送されていた『本仮屋ユイカの笑顔のココロエ』が終了した。
 本仮屋ユイカという人の特性が垣間見える番組だっただけに、ちょっぴり残念だ。


 亀山郁夫の『新カラマーゾフの兄弟』上<河出書房新社>を読了し、下<同>を読み始める。


 夕方になって再び外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、YouTubeでジュゼップ・ポンス指揮ガリシア交響楽団が演奏したワーグナーの舞台神聖祝典劇『パルジファル』第1幕への前奏曲、楽劇『神々の黄昏』から夜明けとジークフリートのラインへの旅、ジークフリートの葬送行進曲(同年3月17日、ア・コルーニャ)を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 夕飯後、山田一雄指揮大阪センチュリー交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」他<ライヴノーツ>、YouTubeでレオニダス・カヴァコス指揮フランス放送フィル他が演奏したモーツァルトの管楽器のための協奏交響曲(2018年1月19日、パリ・オーディトリウム・メゾン・ド・ラ・ラジオ)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を少しだけ読み返したり、『新カラマーゾフの兄弟』下を読み進めたりする。


 今日は、抹茶味のミルクキャンディーを舐める。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 いわゆる悪文を目にすると、本当に気持ちが悪くなる。
 自省あるのみ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:51| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜、大切な予定をすませた(深夜のCLACLA)

 晴天が続く。

 気温は今日も上昇し、暑さを覚えるほど。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 花粉禍、続く。
 両耳の不調も続く。


 安倍首相一党は森友学園問題や加計学園問題をうやむやのままにしようとしているが、果たして思惑通りに事は進むだろうか。
 取り巻き連中はなんとしてでも御本尊の安倍首相夫妻を護ろうとやっきだが。
 そういえば、国会でNHKのニュース編成に対して圧力がかかっている旨の内部告発が明らかにされたそうだ。
 案の定というかなんというか、いやはやなんともはや。


 中国の習近平国家主席と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が北京で会談を行ったと報じられている。
 いろいろと考えることあり。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。


 昨夜、YouTubeでチョン・ミュンフン指揮フランス放送フィルが演奏したベルリオーズの幻想交響曲(2013年9月13日、パリ・サル・プレイエル)、サン・サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」(同年11月8日、同)、メンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」(2011年10月7日、同)を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時40分頃寝床に就く。
 メンデルスゾーンの映像は途中で障害が入って、チョン・ミュンフンはじめオーケストラの面々がオレンジ色に染まって輪郭だけになり、なんだか阿鼻叫喚の様相を呈していて気持ちが悪かった。


 10時に起きる。

 午前中、YouTubeでダニエレ・ガッティ指揮フランス国立管弦楽団が演奏したベートーヴェンの『プロメテウスの創造物』序曲(2014年4月24日、パリ・シャンゼリゼ劇場)、『エグモント』序曲と交響曲第6番「田園」(同年12月11日、パリ・オーディトリウム・メゾン・ド・ラ・ラジオ)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を読み返したり、亀山郁夫の『新カラマーゾフの兄弟』上<河出書房新社>を読み進めたりする。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』や、YouTubeでフランチェスコ・ピエモンテージとロジャー・ノリントン指揮SWR交響楽団が演奏したベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番(2018年3月9日、シュトゥットガルト・リーダーハレ)、ベンジャミン・グローヴナーとフランソワ・グザヴィエ・ロト指揮ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団が演奏したベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番(同年、ケルン・フィルハーモニー)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『新カラマーゾフの兄弟』上を読み進めたりする。


 16時台に外出し、仕事関係の予定をすませる。


 帰宅後、YouTubeでユッカ・ペッカ・サラステ指揮ケルンWDR交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第1番(2017年11月17日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『新カラマーゾフの兄弟』上を読み進めたりする。


 19時少し前に外出し、夕飯をとりながら大切な予定をすませる。
 刺激を受けるところ多々あり。
 そして、自省するところ大なり。
 多謝。


 その後、買い物をすませて23時半過ぎに帰宅する。


 帰宅後、YouTubeでサラステ指揮ケルンWDR交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」と第2番(同年同月18日、同)、第4番(同年同月17日、同)を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 以上、3月29日の日記。
posted by figarok492na at 00:22| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする