2017年11月19日

寒い、寒い、寒い、寒い(CLACLA日記)

 どんよりとした感じのお天気。
 ただし、お昼頃から青空が見え始めた。

 気温は一気に下がり、寒さが非常に厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 今日の朝日新聞朝刊の一面と二面に、小池百合子や前原誠司らによる民進党解体の状況が詳しく掲載されている。
 小池百合子に近い存在として上杉隆の名が挙げられていることも印象に残ったが、いずれにしても愚策を押し進めた連中が誰であるかということはよくわかった。
 もちろん、この記事は事実の一端であり、「きれいごと」の範疇にあるものだとも思うけれど。
 例えば、中山成彬が体現する極右連中(日本会議)との関係が記されないかぎり、小池百合子の本質というものは明らかにされないし、それより何より、自民党を補う存在となった小池・前原への批判的視点が少ない。
 そこが朝日新聞の限界か。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。


 昨夜、NPO Radio4でマリア・ジョアン・ピリスが弾いたショパンの24の前奏曲と練習曲作品番号25の第7曲、モーツァルトのピアノ・ソナタ第14番(1976年10月11日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)、OBCでオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 9時半に起きる。

 毎週恒例の洗濯を決行する。

 午前中、NPO Radio4でハンス・レーンデルス指揮オランダ放送フィルが演奏したトリスタン・クーリスの『アルカディア』(2006年2月10日、ユトレヒト・フレデンブルク音楽センター)、フランス・ブリュッヘン指揮オランダ放送室内管弦楽団が演奏したメンデルスゾーンの序曲『フィンガルの洞窟』とベートーヴェンの交響曲第2番(1999年3月6日、同)、アンドルー・マンゼ指揮オランダ放送室内フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第5番(2013年2月17日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたりする。


 午後、NPO Radio4で、シュテファン・ヴラダーとクリストファー・ホグウッド指揮ハーグ・レジデンティ管弦楽団が演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第18番とハイドンの交響曲第80番(2000年5月28日、同)、カティア・ブニアティシュヴィリが弾いたショパンのスケルツォ第1番〜第3番、バラード第4番、24の前奏曲から第4番(2012年3月28日、アムステルダム・コンセルトヘボウ小ホール)、NHK・FMの『きらクラ!』、NPO Radio4でリチャード・エガー指揮ヘルダーラント管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第31番「パリ」、エガーが弾き振りしたモーツァルトのピアノ協奏曲第24番、ヘンデルの『水上の音楽』抜粋(2013年2月24日、ナイメーヘン・デ・フェレーニング)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、辻原登の『籠の鸚鵡』<新潮社>を読み進めたりする。


 17時台に外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 寒い、寒い、寒い、寒い。


 帰宅後、NPO Radio4でエド・スパンヤール指揮オランダ放送フィルが演奏したシュレーカーの『あるグランドオペラのための前奏曲』、ワーヘマンスの『ディープ・ブルー・オーシャン』(2012年4月14日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)を聴いたりしながら、『籠の鸚鵡』を読み進めたり、雑件を片付けたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』を聴く。
 シュテファン・ドールとディエゴ・マルティン・エチェバリア指揮関西フィルが演奏したモーツァルトのホルン協奏曲第3番とリヒャルト・シュトラウスのホルン協奏曲第2番などのライヴ録音が放送されていた。

 続けて、『リサイタル・ノヴァ』を聴く。
 クラリネットの吉田悠人の出演。

 さらに、NPO Radio4でクシシトフ・ウルバンスキ指揮ハーグ・レジデンティ管弦楽団が演奏したスメタナの連作交響詩『我が祖国』から「ヴィシェフラド」と「モルダウ」(2012年4月15日、同)、ジェイムズ・マクミラン指揮オランダ放送室内フィルが演奏したバルトークのルーマニア民俗舞曲とショスタコーヴィチの交響曲第9番(同年4月28日、同)、鈴木雅明指揮オランダ放送室内フィルが演奏したヨーゼフ・マルティン・クラウスの交響曲ニ長調VB.146「教会のための交響曲」とモーツァルトの交響曲第25番(同年12月1日、同)を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進める。


 『籠の鸚鵡』を読了する。
 ああ、面白かった!!


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:50| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする