2017年09月28日

衆議院が解散された(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気から晴天へ。

 気温は少し下がったか。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 午前中は気圧と湿度のWパンチ。
 体調、今一つ。
 そして、両耳の不調も続く。


 衆議院が解散された。
 マスメディアは安倍自公と小池希望の対決を煽る。
 そして、民進党の前原代表は希望への追従を明らかにした。
 加えて、小沢一郎(自由党)も。
 まさしくバスに乗り遅れるなの大政翼賛会的節操のなさである。
 いやはや、なんともはや。
 寛容の保守だとかなんだとか甘やかな言葉を並べ立てているが、小池希望とて安倍・自民と同じ穴の貉。
 どっちに転んでも改憲を押し進めるだろうことは火を見るよりも明らかだ。
 それでも、多くの国民は流されるのだろうな。
 馬鹿につける薬はない。
(選挙期間中、希望の党に関する致命的な報道を文春や新潮が行わなければ、ますます安倍と小池らのプロレス具合がわかってくるだろう)


 目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、スロヴァキア・フィルハーモニックのサイトにアップされたペトル・アルトリヒテル指揮スロヴァキア・フィルが演奏したブラームスの交響曲第4番(2016年2月5日、スロヴァキア・フィルハーモニー・コンサートホール)、エマニュエル・ヴィヨーム指揮スロヴァキア・フィルが演奏したブラームスの交響曲第1番(2014年12月5日、同)、YouTubeにアップされたデイヴィッド・グレイルザンマー指揮ジュネーヴ・カメラータが演奏したシューマンの交響曲第2番(2016年11月10日、ジュネーヴ・バティマン・デ・フォルス・モルティス)とドビュッシーの牧神の午後への前奏曲(2015年9月17日、同)を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時40分頃に寝床に就く。
 グレイルザンマーが指揮したシューマンは、一部ピリオド楽器を用いた歯切れがよくて躍動感にあふれた演奏。
 粗さもあるが、若手の奏者たちが活き活きと愉しそうに演奏する姿を目にしているだけでも嬉しい。


 9時半に起きる。

 午前中、RCOのサイトにアップされたロリン・マゼール指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したマーラーの交響曲第6番「悲劇的」(2010年10月20日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたりする。


 深水黎一郎の『ストラディヴァリウスを上手に盗む方法』<河出書房新社>を読了する。

 続けて、笙野頼子の『ひょうすべの国』<同>を読み始める。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』や『武田和歌子のぴたっと。』、スロヴァキア・フィルハーモニックのサイトにアップされたジョルト・ナジ指揮スロヴァキア・フィルが演奏したメンデルスゾーンの交響曲第1番(2016年2月11日、スロヴァキア・フィルハーモニー・コンサートホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ひょうすべの国』を読み進めたりする。
 ナジのメンデルスゾーンは、オーソドックスな解釈の重たい演奏。
 あまり面白くない。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 その後、近くのブックファーストで調べものをした。


 帰宅後、マウリツィオ・ポリーニが弾いたショパンの24の前奏曲他<ドイツ・グラモフォン>、NPO Radio4のサイトにアップされたフランス・ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラが演奏したハイドンの『無人島』序曲(1996年9月14日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)、ディマ・スロボデニューク指揮ハーグ・レジデンティ管弦楽団が演奏したベルリオーズの『ベアトリスとベネディクト』序曲(2014年2月16日、ハーグ・ドクター・アントン・フィリップ・ザール)を聴いたりしながら、『ひょうすべの国』を読み進めたり、雑件を片付けたりする。


 夕飯後、RCOのサイトにアップされたピエール・ブーレーズ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したマーラーの交響曲第7番「夜の歌」(2011年1月21日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)、NPO Radio4でマリス・ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したロッシーニの『ウィリアム・テル』序曲、ヴェルディの『運命の力』序曲、マスカーニの『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲、ヨハン・シュトラウスU世の『こうもり』序曲(2008年12月25日、同)を聴いたりしながら、新しい作品を書き進めたり、『ひょうすべの国』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:41| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする