2017年09月12日

諸口あきらさんが亡くなられた(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気。
 雨降り。

 気温は下がるが、じめじめとして快ならず。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 気圧と湿度のWパンチ。
 そして、両耳の不調も続く。


 諸さんの愛称で知られた諸口あきらさんが亡くなられた。81歳。
 直接お見かけしたことは、一度か二度か。
 それでも、京都に移り住んで以降、諸口さんのラジオにはよく親しんだものだった。
 深く、深く、深く、深く黙禱。
 ところで、諸口あきらさんが亡くなられたことを知って、ふと思ったのは諸口さんへのインタビューや聞き取りって集中的に行われていたのかなということだ。
 いや、これは諸口さん一人に留まることじゃなくて。
 オーラルヒストリーなどというと小難しいことになってしまうが、口述資料を残す作業は本当に大切だと思う。
 と、言うのも、学生時代以降、自分自身がそうした作業をどこかで意図しながら、全く実現できなかった後悔反省があるからだ。
 今は亡き伊達三郎さん、内田朝雄さん、遠藤太津朗さん(ワイズ出版から本が出ている)、五味龍太郎さん、先代の桂文紅さん(青蛙房から当代の文我さんが編集した日記が出ている)等々。
 ここにも掲載した『京都映画百景』は、その後悔反省をフェイク・エッセイという形でごまかしているものなのだが。
 もしかしたら、立命館の映像学部あたりで、関係者への聞き取りを継続的に行っているかもしれない。
近いうちに調べてみよう。


 昨夜、19時過ぎに外出し、錦湯さんへ。
 人を待っている間、往来でササハラ組の『鴨川☆ラヴァーズ』の台詞をさらっているとき、月亭八斗さんにネタをくっているんですかと問われてしまった。
 恐縮。
 で、16回目となるThe錦湯を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 終演後、常連さんと遅めの夕飯をすませ、23時台に帰宅する。


 帰宅後、スロヴァキア・フィルハーモニックのサイトにアップされたクリスティアン・ベンダ指揮スロヴァキア・フィルが演奏したユスティン・ハインリヒ・クネヒトの大交響曲「自然の音楽的描写」(ベートーヴェンの田園交響曲の先駆的作品。ベンダはプラハ・フィルを指揮してNAXOSレーベルに同曲を録音している)とベートーヴェンの交響曲第6番「田園」(2016年2月18日、スロヴァキア・フィルハーモニー・コンサートホール)、アレクサンダー・ラハバリ指揮スロヴァキア・フィルが演奏したチャイコフスキーの弦楽セレナード(2015年2月19日、同)を聴いたりしながら、The錦湯の感想をアップしたりしたのち、3時半頃寝床に就く。


 9時過ぎに起きる。

 午前中、スロヴァキア・フィルハーモニックのサイトにアップされたラハバリ指揮スロヴァキア・フィルが演奏したチャイコフスキーのマンフレッド交響曲(同)、日本テレビのサイトにアップされたシルヴァン・カンブルラン指揮読売日本交響楽団が演奏したメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」(2013年9月13日、サントリーホール大ホール)、クラシック・ライブにアップされたオッコ・カム指揮ラハティ交響楽団が演奏したシューマンの『マンフレッド』序曲(2011年10月6日、ラハティ・シベリウスホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『京都映画百景 等持院「はりま」』を書き進めたり、原田マハの『デトロイト美術館の奇跡』<新潮社>を読み進めたりする。


 午後、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』の最初のほう(ニュース喜怒哀楽まで。予想していた通り、妹尾さんが諸口あきらさんについて語っていた)、クラシック・ライヴにアップされたカム指揮ラハティ交響楽団が演奏したシューベルトの交響曲第4番「悲劇的」(2016年1月21日、同)、ディマ・スロボデニューク指揮ラハティ交響楽団が演奏したハイドンの交響曲第22番「哲学者」(2015年9月24日、同)とモーツァルトの交響曲第39番(2017年1月26日、同)、yleにアップされたアンドレ・デ・リッダー指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したサウリ・ジノヴィエフの『バッテリア』(同年2月1日、ヘルシンキ音楽センター・コンサートホール)、ユッカ・ペッカ・サラステ指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したベートーヴェンの『レオノーレ』序曲第1番(同年1月27日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 『デトロイト美術館の奇跡』を読了する。
 ぐっとくる一冊だった。
 ああ、面白かった!

 ほかに、横溝正史の『真説金田一耕助』<角川文庫>の拾い読みもした。


 17時台に外出し、46系統の市バスで佛教大学前まで。
 そこから歩いて、紫野泉堂町あたりへ。
 近くのローソンストア100で買い物がてら道を尋ねたら、これがドンピシャ。
 わかりやすい道を教えてもらえた。
 で、旭ヶ丘中学の横の道をぷらぷら下って上野湯さんに到着。
 22回目となるちゃいちゃい寄席を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!

 終演後、出演者の月亭天使さん(ぜひ今度は『ルビンの壺が割れた』の話もしたい)、桂文五郎さん(見事復活何より!)、そして月亭方気さんたち(誠におめでたい話)にご挨拶。

 その後、北大路まで歩いて地下鉄で四条まで戻り、夕飯用の買い物をすませ21時台に帰宅した。


 遅めの夕飯後、yleにアップされたサラステ指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第7番(同)を聴いたりしながら、ちゃいちゃい寄席の感想をアップしたりする。


 今日は、ファミリーマートコレクションの練乳はちみつドーナツを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:15| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第22回ちゃいちゃい寄席in上野湯

☆第22回ちゃいちゃい寄席in上野湯

 出演:月亭天使さん、桂文五郎さん、月亭方気さん
(2017年9月12日19時開演/上野湯)


 銭湯数珠繋ぎという趣向で始まったちゃいちゃい寄席も、今回で22回目。
 錦湯でもおなじみの月亭天使さん、桂文五郎さん、月亭方気さんのお三人が出演するというので、ここのところちゃいちゃい寄席のフランチャイズ的な場所となっている上野湯さんまでお邪魔した。
 上野湯さんは、最寄りのバス停でいうと紫野泉堂町ということになるか。
 こちらはバスの便の都合で佛教大学前から歩いたが、旭ヶ丘中学の隣の小さな道をぶらぶら下りて行ったらありますよという近くのローソンストア100の店員さんの案内に従って大正解。
 迷わず到着することができた。
 住宅街の真ん中ということもあって、今夜のお客さんも地元密着型、近所の方々が開演までに三々五々と集まって来て、開演前には結構な入りとなっていた。
 そうそう、開演前までテレビの阪神巨人戦のナイター中継をつけていたところ、当方の隣に座った常連さんと思しき初老の男性から、はよ消さなと突っ込みが入った。
 まさしく地元密着型だ。

 定刻頃、ご主人の挨拶のあとに、お三人が登場しちゃいちゃい寄席などについてトークがある。
 と、ここで方気さんの口からおめでたい発表が。
 が、これはいずれ錦湯の感想で記すこともあるだろうから、今夜のところは省略。
 方気さん、誠におめでとうございます!

 で、文五郎さんが高座へ。
 文五郎さんの高座は本当にしばらくぶり。
 文五郎さんほどではなかったとはいえ、かつて両膝の手術を行った人間としてはやはり他人事ではない。
 もちろん、文五郎さんは見事復活、難なく高座を務めていた。
 まずもって毒の効いた小話を二つ披露したのち、本題の『牛ほめ』へ。
 と、言ってもそんじょそこらの『牛ほめ』と文五郎さんのものとでは『牛ほめ』が違う。
 時季にあわせた怪談調、というよりブラック文五郎の本領発揮とでも呼べる内容に改作されていた。
 サゲは冒頭の「伏線」がしっかり活きたものとなっていた。

 続いては、方気さんが登場する。
 客席前方に陣取った女の子たちをきちんと意識しつつ、自己紹介を兼ねたエピソードや小話をいくつか語ったのち、本題の『動物園』に入った。
 『動物園』といえば、昨夜錦湯で桂あおばさんの高座を聴いたばかりだが、あちらが師匠桂ざこばさん譲りの無手勝流の口演だったとすれば、方気さんは折り目正しいオーソドックスな語り口。
 ただし、ここぞというところでは大きな表情づけを行って女の子たちも引き付けていた。
 ぽんぽんぽんとテンポよく決まった『動物園』だった。

 トリは、月亭太遊さんが別府に移ったのち差配の役回りを務めている天使さん。
 こちらもマクラで小話をいくつか披露したのち(猿の表情が印象に残る)、『元犬』の猫バージョン、『元猫』を演じる。
 これはもう、猫好きの天使さんならではのネタだろう。
 天満の天神さんに願をかけて人間となった白猫が、親切な大店のご主人の伝手を頼って奉公する身となったが…。
 というその白猫の奇妙奇天烈ぶりが柄によく合っていた。

 と、錦湯さんの会とは一味も二味も違っていて、興味深く愉しめた会でした。
 ああ、面白かった!!
posted by figarok492na at 23:03| Comment(0) | 落語・ネオ落語記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The錦湯 第16回

☆The錦湯 第16回

 出演:桂三幸さん、月亭八斗さん
 大喜利出演:たまいさん、地主君
(2017年9月11日20時開演/錦湯)


 夏が終わり、徐々に秋が近づく京この頃。
 16回目となるThe錦湯は、支配人の桂三幸さんに久しぶりの月亭八斗さん、そして二週連続となる桂あおばさんの三人が出演し、常連さん、リピーターさん、ご新規さんとお客さんもなかなかの入りだった。

 定刻20時頃、三幸さん、八斗さん、あおばさんが登場し、適度な距離感のトークで盛り上げる。

 で、頃合いのよいところであおばさんが高座へ。
 NHKの新人落語大賞の予選が迫っているということで、それ用のネタの『動物園』をかける。
 予選用に刈り込んでいる分、笑いどころもはっきりとわかったのではないか。
 男が虎となって檻に入ってからが当然の如く肝。
 客とのやり取りのここぞというところでの大きな動きが印象に残るとともに、あおばさんの必死のぱっちぶりが男の必死さと重なっておかしかった。

 続いては、八斗さんが登場。
 師匠月亭八方さんとのエピソードをマクラで語ったのち、その八方さんより弟子入り十年目にして初めてつけてもらったネタの『野ざらし』を演じる。
 八斗さんが女形、女を演じることに強い興味を抱いていることは、すでに錦湯での会でも公言しているところで、今夜の『野ざらし』でも終盤ちょいと鼻にかかった声色の色女ぶりを発揮していたが、基本はメリハリがよく効いた「男前」な語り口。
 鐘がゴンと鳴りゃ上げ潮…の節回しも八斗さんの柄によく合っていた。

 三席目は再度あおばさん。
 こちらも10月25日のABCホールでの独演会でかける予定の『宮戸川』に挑む。
 もともとは月亭方正さんが江戸の落語を上方に移し替えたもので、あおばさんも一度錦湯さんで演じたことがある。
 ということで、今夜が二度目となるわけだが、この間あおばさんがこのネタとどう接してきたかがよくわかる高座となっていた。
 つけてもらったくすぐりはくすぐりとして活かしつつ、それを咀嚼して自分のものにするというか。
 あおばさんの特性、人柄がよく加味されていて、そこもまた面白かった。

 トリは、支配人の三幸さんが師匠桂文枝さん(の三枝時代)の新作『読書の時間』を口演した。
 すでに何度か錦湯でもかかったことのある作品だけれど、師匠直伝ということもあってか、三幸さんはツボをよく押さえた流れのよい高座に仕上げていた。
 それにしても、文枝さんの文学的嗜好、文芸趣味はその新作のあちらこちらに垣間見ることができるなあと改めて痛感した。

 最後は大喜利を決行。
 はじめ三幸さん仕切りの下で、八斗さん、あおばさん、リピーターの地主君、たまいさん(相当久しぶりの登場)がお題に挑んだ。
 八斗さん、あおばさんがコンスタントに解答を重ねる一方、たまいさん、地主君は大喜利ずれしていない新鮮な答えを連発し、大喜利連の穴を巧く埋めていた。
 後半は、あおばさんと三幸さんが立場をチェンジ。
 三幸さんの安定は言わずもがな、あおばさんも生き生きとした仕切りを見せた。

 と、今夜も盛りだくさんのThe錦湯でした。
 ああ、面白かった!!
posted by figarok492na at 01:38| Comment(0) | 落語・ネオ落語記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする