2017年08月08日

台風一過か(CLACLA日記)

 午前中はどんよりとした感じが続き、雨も降る。
 が、午後になって青空が見える。
 台風一過か。

 気温は上昇し、蒸し暑い一日となる。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 午前中は気圧と湿度のWパンチ。
 身体が重たい。
 そして、両耳の不調も続く。


 アメリカの国防総省が、他地域と同様、沖縄でのオスプレイ飛行自粛には応じない旨、明らかにしたそうだ。
 いろいろと考えることあり。


 都民ファーストならば国民ファーストとなるはずが、なぜだか日本ファーストの会などという名称になる。
 日本第一。
 なんとも大仰で嘘臭くきな臭い。
 それほど日本ファーストというならば、早速オスプレイの飛行自粛を強くアメリカ政府に求めたらどうか。
 都合のよいときだけ日本、日本、日本、日本と繰り返しそうな連中だ。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeの稲川淳二の怪談ナイトの動画や、MBSラジオの『ゆりあんマルセイユ まんげきミッドナイトパーティ』を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時台に寝床に就く。


 9時半に起きる。

 午前中、RCOのサイトにアップされたアンドリス・ネルソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第4番(2014年10月24日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ほそゆき』を書き進めたり、戌井昭人の『ゼンマイ』<集英社>を読み始めたりする。


 午後、NHK・FMの『特集ヨーロッパ夏の音楽祭2017』で、ロベコ・サマーナイツにおけるアルマ弦楽4重奏団のコンサートのライヴ録音(2017年7月11日、アムステルダム・コンセルトヘボウ内リサイタルホール)を聴く。
 シュルホフの弦楽4重奏曲第2番、ドビュッシーの弦楽4重奏曲、ショスタコーヴィチの弦楽4重奏曲第8番、ラヴェルの弦楽4重奏曲が演奏されていた。

 続けて、YouTubeでレナード・スラットキン指揮デトロイト交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第1番「巨人」(2015年5月22日、デトロイト・オーケストラホール)を聴く。

 仕事関係の作業を進めたり、『ゼンマイ』を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したリヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』のワルツ組曲と『カプリッチョ』から月の光の音楽<WARNER>を聴いたりしながら、『ほそゆき』を書き進めたり、『ゼンマイ』を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ルビンシュタイン変奏曲』を聴く。

 続けて、ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響的幻想曲『イタリアから』<同>、デトロイト交響楽団のサイトにアップされたジェイムズ・ガフィガン指揮デトロイト交響楽団が演奏したワーグナーの『リエンツィ』序曲とベートーヴェンの交響曲第5番(2014年11月2日、同)とレナード・スラットキン指揮デトロイト交響楽団が演奏したバーンスタインの『キャンディード』序曲(2016年9月30日、同)を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『ほそゆき』を書き進めたりする。


 『ゼンマイ』を読了する。
 ああ、面白かった!!


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:58| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする