2016年08月22日

それでも朝方生活を堅持する(早めのCLACLA)

 どんよりとした感じはありつつも、晴天が続く。

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しい。
 暑い暑い暑い暑い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 特に、熱中症にはお気をつけのほど。


 両耳の不調が続く。
 そして、身体が重たい。


 馬鹿につける薬はない。
 そして、馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。


 昨夜22時過ぎに外出する。
 大切な予定のため。
 で、諸々あって朝方5時に帰宅する。


 5時半に寝床に就くも、9時半に起きる。
 いつもよりだいぶん遅い起床だが、それでも朝方生活は堅持した。
 って、無理があるなあ、やっぱり。


 午前中、エサ・ペッカ・サロネン指揮ロスアンジェルス・フィルが演奏したバーナード・ハーマンの映画音楽集<SONY>、ポール・クロスリーが弾いたドビュッシーのピアノ作品集(12の練習曲以外)<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『痾紅毛日記』の打ち直しを進めたりする。


 午後、リカルド・ムーティ指揮ミラノ・スカラ・フィルが演奏したニーノ・ロータの映画音楽集<同>、リカルド・シャイー指揮ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団他が演奏したルチアーノ・ベリオのトランスクリプション集<DECCA>、クラリネットのフランクリン・コーエンとピアノのウラディーミル・アシュケナージさんが演奏したブラームスのクラリネット・ソナタ第1番<同>(ちなみに、ベリオのアルバムの最後にはこの曲の管弦楽伴奏版が収められている)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『痾紅毛日記』の打ち直しを進めたり、宮下遼の『無名亭の夜』<講談社>を読み進めたりする。

 途中眠気に勝てず、1時間ほど昼寝をした。


 まもなく外出して、錦湯さんへ。
 44回目となるネオ落語・セントラルなり。
 台風のため川口遠征を諦めた月亭太遊さんも出演されるとのこと。
 それじゃあ、行って来ます!
posted by figarok492na at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする