2015年08月18日

夕飯後、仕事関係の予定をすませた(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、青空の見えた一日。

 気温は上昇する。
 一頃ほどに激しくはないものの、まだまだ暑さが厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 タイのバンコクで爆発事故が発生する。
 テロの可能性が高いとも報じられている。
 いろいろと考えることあり。


 自民党の武藤貴也議員の金銭疑惑が発覚した。
 たぶん、こういうことになるのではないかと思っていた。
 事実であるとすれば、自業自得の一語である。
 むろん、このような人物の愚かな行いに目を奪われていてはなるまいが。


 朝5時40分頃に就寝し、14時過ぎて起きる。
 まあ、仕方ない。


 NHK・FMの『吉田秀和が語ったベートーベン 第2回 交響曲〜雄弁なる主張』や、デヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第1番&第2番<ARTE NOVA>を聴いたりしながら、ネオラクゴ記録や日記をアップしたり、仕事関係の作業を進めたり、ジュンパ・ラヒリの『低地』<新潮社>を読み進めたりする。
 NHK・FMの番組は、『名曲のたのしみ』を再編集したもの。
 吉田秀和の解説とともに、ベートーヴェンの交響曲全9曲の1楽章ずつ(一部のみも含む)が放送されていた。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、今度はジョヴァンニ・アントニーニ指揮バーゼル室内管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第1番&第2番<OEHMS>を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『夏の夜の「ながら」クラシック 第2夜 美メロクラシック』を聴く。
 松井咲子と広上淳一を中心に、何かしながらでも気楽に聴くことのできるクラシック音楽を集めた番組。
 松井咲子は『不毛な議論』とは違って、実におしとやかでまじめなトークだった。


 夕飯後、仕事関係の予定をすませる。


 その後、モッツァフィアートが演奏したベートーヴェンの管楽合奏のための作品集<SONY>、フォルテピアノのメルヴィン・タンが弾いたクラヴィーアのための変奏曲・小品集<EMI>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『低地』を読み進めたりする。
 『低地』は、冒頭の文章から心を掴まれた。
 このような小説を書きたい。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 目くらましの八百長猿芝居には騙されまい!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベートーヴェンを聴いてから外出した(昨日のCLACLA)

 どんよりとしたお天気の一日。
 夕方前に激しい雨も降る。

 雨の分、少し気温が下がったか。
 湿度が高いため、じめじめとはしているが。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 気圧と湿度のWパンチが続き、身体がだろし。
 やれやれ。


 昨夜、アルフレッド・ブレンデルが弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ第20番&ハンガリーのメロディ他<PHILIPS>、内田光子が弾いた同じくシューベルトのピアノ・ソナタ第15番「レリーク」&第18番「幻想」<同>、youtubeにアップされた榎本健一が歌う『これが自由というものか』、中川五郎が歌う『腰まで泥まみれ』を聴いたりしながら、4時20分頃まで仕事関係の作業を進める。


 朝早くに起きて、仕事関係の予定をすませる。


 NHK・FMの『吉田秀和の語ったベートーベン 第1回 大作曲家の全体像』や、フォルテピアノの小島芳子が弾いたベートーヴェンの初期クラヴィーア作品集<DENON>、ヴァイオリンの寺神戸亮とフォルテピアノのボヤン・ヴォデニチャロフが演奏し同じくベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番「春」、第1番、第3番<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたりする。


 瀧羽麻子の『オキシペタルムの庭』<朝日新聞出版>を読了する。
 非常に「良心的」な作品だと思ったが、最後まで今一つのることができなかった。

 ほかに、吉田秀和の『世界の指揮者』<ちくま文庫>の拾い読みもした。


 19時過ぎに外出し、仕事関係の用件を片付けてから錦湯さんへ。
 月亭太遊さんのネオラクゴ企画、ネオラクゴ・フロンティアsection43を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!

 で、打ち上げに参加し、非常に遅めの夕飯(非常に早めの朝食?)をすませ、5時半少し前に帰宅した。


 以上、8月17日の日記。
posted by figarok492na at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネオラクゴ・フロンティアsection43(月亭太遊さんのネオラクゴ企画)

☆ネオラクゴ・フロンティアsection43

 ゲスト:柳家かゑるさん、桂あおばさん
(2015年8月17日20時開演の回/錦湯)


 月亭太遊さんのネオラクゴ企画、ネオラクゴ・フロンティアは、2週間ぶりのsection43。
 初めての東京からのお客様柳家かゑるさんと、おなじみ桂あおばさんをゲストに迎え、いつもの如くバラエティに富んだ一夜となった。
 加えて、常連さんとともに、落語を聴くことを極めたいと話す末頼もしい中学生男子が来場するなど、お客さんもバラエティに富んでいた。

 まずは開口一番のおしゃべり。
 太遊さんとあおばさんが、この間の出来事などで大いに盛り上げる。

 で、あおばさんが『動物園』を演じた。
 移動動物園の虎が死んで皮だけ残した、ついてはその皮を被って虎のふりをしたら日当1万円をやる、と言われて動物園に向かった男だったが…。
 という、関西ではなじみ深い準古典の作品。
 こうしてネオラクゴ・フロンティアで接していて思うのは、あおばさんの語り口が、高座の度にますますどんどん板についているということ。
 この『動物園』では、滑稽なやりとり仕草もそうだけれど、地の語りの部分も強く印象に残った。

 続くは、かゑるさん。
 埼玉県の出身で柳家獅堂さんに入門し、柳家いっぽんの名前から大師匠である鈴々舎馬風さんの前名かゑるを継いだという、若手の落語家さんだ。
 そのかゑるさんが何ゆえネオラクゴ・フロンティアに登場したかというと、たまさか発見した太遊さんの『たまげほう』に感動し、太遊さんの許可を得てはるか東京でネタにしているからだそう。
 太遊さんとの邂逅(直接会ったのは今回が初めて)や『たまげほう』への深い愛をしっかりと語ってから、本題の『湯屋番』に入った。
 まさしく銭湯(錦湯)ならではのチョイスである。
 歯切れのよいやりとりは確かに江戸の落語。
 だけれど、やはりこの噺の肝は、居候の若旦那が番台にのぼってからだ。
 せっかく番台にのぼった若旦那だったが、お目当ての女湯にはお客さんがいない。
 仕方ないから、妄想の世界に入る。
 その奇妙さとかゑるさんの風貌、柄とのバランス、アンバランス?
 さらには、ネオラクゴ・フロンティアの高座のしつらえにぴったりのサゲだった。

 そして、太遊さんの新作は『エキスの虎』。
 冒頭、無機的な身体の動きからして、これはもうネオラクゴだ。
 しかもそれがすぐに、映画俳優を目指した男性がどうしてそれを断念し、小説家志望に転じざるをえなかったかという話の内容と結びついていく。
 と、太遊さんが参加している映画『マザー・レイク』の撮影がヒントとなったと思しき作品。
 臆面もない男(こういう輩がぎょうさんいるんですわ、ほんま)たちとのやりとりや、ラストの秀逸な仕掛けに大いに笑いつつ、表現者を志す者にはぐぐっと痛いところを突かれる展開ともなっている。
 その苦さもネオラクゴならではだと思った。
 ああ、面白かった!

 最後は三人のおしゃべり。
 だけではなくて、当夜も作道雄君がやって来て、youtubeドラマ『フェイク・ショウ』の説明を一くさり。
 何とぞご協力のほど。

 そして、皆さん、ネオラクゴ・フロンティアにぜひ一度お越しくださいませ!
posted by figarok492na at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語・ネオ落語記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする