2015年04月14日

ギュンター・グラスが亡くなった 『だから荒野』を読み終えた(CLACLA日記)

 雨天。
 どんよりとしたお天気の一日。

 気温は上昇し、むしっとした感じがした。

 気圧と湿度、花粉のトリプルパンチに悩まされる。
 やれやれ。


 ドイツの作家、ギュンター・グラスが亡くなった。87歳。
 ナチス・ドイツ政権下で青少年時代を過ごし、そうした自らの体験経験を虚構化してみせた。
 特に、フォルカー・シュレンドルフによって映画化された『ブリキの太鼓』で知られる。
 1999年にノーベル文学賞を受賞し、2006年にはナチスの武装親衛隊に所属していたことを公表した。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 福井地裁が、関西電力高浜原発3、4号機の再稼働を認めないとする仮処分決定を行った。
 いろいろと考えることあり。


 ネオラクゴ・フロンティアの常連さん仲間に貸してもらった、ルドルフ・ゼルキンがジョージ・セル指揮コロンビア交響楽団の伴奏で弾いたモーツァルトのピアノ協奏曲第19番&第20番他<SONY>、サンソン・フランソワが弾いたドビュッシーのピアノ作品集(映像他)<東芝EMI>を聴いたりしながら、明け方5時近くまで諸作業を行う。


 朝早くに起きて、仕事関係の予定をすませる。


 その後、ABCラジオの『とことん全力投球!!』や、ヴィルヘルム・バックハウスがハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーン・フィルの伴奏で弾いたベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」&第4番<DECCA>、アンドリュー・デイヴィス指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルが演奏した『ノーベル賞授賞式典の音楽』<FINLANDIA>、フランソワのドビュッシー、ゼルキンのモーツァルトを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、桐野夏生の『だから荒野』<毎日新聞社>を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、バックハウスのベートーヴェンや『ノーベル賞授賞式典の音楽』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ベースボールばあちゃん』(おばあちゃんにしようかと迷っている)を考えたりする。


 『だから荒野』を読了する。
 面白くってついつい読み進めていたら、長崎の話(だけではない)が出て来て驚いた。
 ただ、あれもしかしてこれってと思い検索してみて、やっぱりそうだった。
 今年、この作品を原作にしたドラマがNHKのBSプレミアムで放映されており、その梗概を新聞のテレビ欄で目にした覚えがあったのである。
(主人公を鈴木京香、重要な役回りを大好きな品川徹が演じている。あと、HPの「おもな登場人物」から想像するに、原作にはないエピソードが加えられているようだ)
 ああ、面白かった!

 ほかに、許光俊の『世界最高のピアニスト』<光文社新書>の拾い読みもした。


 今日は、モンテールのふんわりロール(生チョコ)を食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 チョコクリームを挟んだチョコ生地のロールケーキ2切れで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

統一地方選に関して 羽柴誠三秀吉が亡くなった(深夜のCLACLA)

 雨天。
 どんよりとしたお天気の一日。

 気温は少しだけ下がったか。

 統一地方選の前半戦が終わった。
 相乗り候補がほとんどだった知事選については置くとして、大阪を除く道府県議選では自民党が第一党を占めた(ただし、議席数は減らしている)。
 案の定、安部内閣が安保法制をどうこうと言い出している。
 一方、日本共産党が大きく議席を伸ばし、民主党が大幅に議席を減らした。
 地方選挙ということで、全てを国政に直結して考えることはできないが、現在の諸状況の表われであることも確かだろう。
(共産党の勢力が増加したことに関して、組織自体はもちろんのこと積極的な支持者も、今回の選挙結果を冷静に分析し正確に把握しておく必要があるのではないか。まずもって、低投票率や自民党の圧倒的な議席数、反自民の対抗軸となるべき民主党等中道中間政党の低調、安定した基盤を持つ公明党の存在を忘れてはならないだろう。そして、共産党が勢力を増しているということはそれだけ社会的な諸状況が極端化悪化しているということであり、そうした中で自らの勢力だけの維持強化を第一に考えている限りは、過去の失敗を繰り返してしまうだろうことも忘れてはならないだろう。むろん、過去の失敗には、1990年代後半の退潮や1970年代の革新昂揚期とその退潮、GHQ占領下の混迷混乱だけではなく、戦前のそれも含まれている)

 以上は、日本共産党関係の知己から連絡をもらったので、あえて記しておくことにした。


 政党に限らず、集団組織には必ず悪意が発生する。
 それとどう向き合っていくか。
 どのような集団組織にとっても、そのことが今後の大きな課題になっていくと僕には思われてならない。


 そうした選挙のさ中、三上誠三が亡くなった。65歳。
 実業家の傍ら、羽柴誠三秀吉の名で衆参両院選挙をはじめ各地の知事選、市長選に出馬して、いわゆる「泡沫候補」として一部の人々に強いインパクトを与えた。
 なお、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で脚光を浴びた俳優の三上大和は実の子息である。
 黙祷。


 アメリカでは、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官が大統領選への出馬を表明した。


 昨夜、4時20分過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 朝早めに起きて、仕事関係の予定をすませる。


 その後、アンドリュー・デイヴィス指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルが演奏した『ノーベル賞授賞式典の音楽』<FINLANDIA>(2回)、同じくアンドリュー・デイヴィス指揮BBCフィルが演奏したヨーク・ボーウェンの交響曲第1番&第2番<CHANDOS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたりする。
 新しい作品では、『ベースボールばあちゃん』という短篇小説のプロットを思いつき、ノートにメモしておく。
 『これから』という戯曲に登場した櫟房子という女性の後日譚である。


 青木奈緒の『風はこぶ』<講談社>を読了する。
 いやあ、この作品は読み終えるのに苦労した。
 『婦人之友』連載ということもあるのかもしれないけど、テンポがあわないというか、どうにもしっくりこない。
 加えて、祖母幸田文の『崩れ』からの影響も含めて作者の想いはよく伝わってくるものの、よい意味での悪意の欠落を感じてしまった。

 続けて、桐野夏生の『だから荒野』<毎日新聞社>を読み始める。
 出だしからして身も蓋もない、けれどだからこそ、ぐっと惹き込まれる。
 文章のテンポもよく、ついつい読み進めてしまう。
 面白し面白し。

 ほかに、吉田秀和の『世界の指揮者』<ちくま文庫>の拾い読みもした。


 18時台に外出し、いくつか用件を片付けたのち錦湯さんへ。
 月亭太遊さんのネオラクゴ企画、ネオラクゴ・フロンティアsection27を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!
 そして、太八さんの餃子と叉焼、ああ、美味しかった!


 終了後打ち上げに参加し、その後もいろいろあって帰宅が午前2時を過ぎる。


 以上、4月13日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネオラクゴ・フロンティアsection27(月亭太遊さんのネオラクゴ企画)

☆ネオラクゴ・フロンティアsection27

 ゲスト:桂三河さん、桂あおばさん、銭湯芸術祭錦湯で展示されるアーティストの皆さん
(2015年4月13日20時開演/錦湯)


 月亭太遊さんのネオラクゴ企画、ネオラクゴ・フロンティアsection27は、先週火曜日の京都新聞朝刊掲載の記事(森静香記者)もある上に、テレビ大阪の取材クルーも加わっての大盛況。
 この度、よしもとへ移籍したという桂あおばさんなど、いつもに輪をかけての全力投球ぶりだった。

 まずは、太遊さん、三河さん、あおばさんの三人で開口一番のトーク。
 テレビカメラでお客さんのほうが緊張せぬよう、そこらあたりにも配慮したおしゃべりをする。

 で、あおばさんの新作から。
 第2回上方落語台本賞の優秀賞を受けた、2丁拳銃の小堀裕之さん作による『ハンカチ』で、些細なことから喧嘩になった夫婦がひょんなことから愛情を確認する様を、細かなくすぐりを織り込みつつ巧みに描いた人情風味豊かな作品だ。
 あおばさんの畳みかけるような口跡が印象的で、ここら辺りを磨いていくと大きく化けてしまうのではないかと思ったりもした。

 続いて、おなじみ三河さんがご自身の企画「さんがワールド」(毎月最終金曜日に新作ネタおろし中)でおろしたばかりの『春の一大寺』をかけたのだけれど、これはある意味、「私落語」的性質が強く示された作品ではなかったか。
 煩悩にまみれた一大寺なる寺の坊さんに対して、仏像の仏様がかけたお言葉は…。
 アイドルに造形の深い三河さんならではのネタで、仏様の心の吐露が面白く、二重の意味でおかしかった。
 なお、今夜の三河さんは紫のお着物をお召し。

 そして、太遊さんのネオラクゴ新作は、『アート意固地センター』。
 舞台は、とある芸術大学のアート意固地センター。
 緊急搬送された芸術家気取りの「それぶった」若者の意固地さを、大学OBの先輩は如何にして解きほぐしていくのか…。
 芸術家ぶった人々をからかった作品、と笑わせて、その実、そこから先も語ってみせたまさしくネオラクゴらしい一作。
 若者が口にするそれらしい言葉についつい笑ってしまう。
 でも、そうやって笑う自分はなんなんや、とふと思ったりもして。
 OBの問いと若者の答えには、様々なバリエーションがあるようにも感じられて、再演が愉しみだ。

 最後は、お三人さんの他、ここ錦湯をはじめ、京都市内各地の銭湯で開催される銭湯芸術祭のうち錦湯で展示される作品の造り手の皆さんが登場し、芸術祭についていろいろとご説明があった。
 すでに作品の展示も始まっていて、これまた面白そうな企画である。

 さらに、終了後の打ち上げでは、本日プレオープンした餃子処「太八」(店主はフロンティアのおなじみでもある大岡政和さん)の餃子と叉焼の差し入れをご馳走になったが、いやあこの餃子と叉焼は掛け値なしに美味しかった。
 餃子は風味がよく効きつつしつこさのない味わいで、こういう場でなければ遠慮せずにばくばくばくついたほど。
 叉焼! 口の中でとろけるような柔らかさでこれまた美味。
 京都市中京区西ノ京小堀池町、最寄りの駅は地下鉄の西大路御池、太子道通から西小路通を南へ下ったところで、近くには島津製作所や花園大学もある。
 ぜひ一度、足を運びたい。

 と、今夜はひときわ盛りだくさんのネオラクゴ・フロンティアでした。
 愉しく美味しいネオラクゴ・フロンティアへ、皆さんもぜひ!


 そうそう、忘れちゃいけない。
 先週ゲスト出演された桂三幸さんが、『上方若手噺家グランプリ』の決勝に見事進出なされたそうです!
 おめでとうございます!!
posted by figarok492na at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語・ネオ落語記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする