2015年01月25日

今日もお芝居の稽古に参加した(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 日中は気温も上昇し、穏やかな感じだった。
 ただし、朝晩の冷え込みは厳しいが。
 寒暖の差が激しいので、皆さんくれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 近きより。
 近きところより。
 負けの数をどれだけ少なくするか。
 そして、長い冬を乗り切るための避難所を如何にして多くつくっていくか。


 昨夜、ピエール・ブーレーズ指揮ウィーン・フィルが演奏したマーラーの交響曲第5番<ドイツ・グラモフォン>を聴いたりしながら、4時過ぎまで仕事関係の作業を進めたり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったりする。


 朝早くから、喧しい愚人あり。
 うっとうしいかぎり。


 午前午後と、仕事関係の予定をすませる。


 その後、京阪で深草まで移動し、龍谷大学深草学舎へ。
 『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』の稽古に参加する。
 まだまだ、まだまだだ。
 研鑚あるのみ。


 稽古終了後、京阪で四条まで戻り、仕事関係の予定をすませる。

 その後、京都芸術センターで用件を片付け、夕飯用の買い物をすませて18時半過ぎに帰宅した。


 帰宅後、ザロモン弦楽4重奏団が演奏したモーツァルトの弦楽4重奏曲第20番「ホフマイスター」<hyperion>を聴く。

 続けて、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』で、飯森範親指揮日本センチュリー交響楽団が演奏した同じくモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」(2014年8月7日、いずみホール)、広上淳一指揮京都市交響楽団が演奏した同じくモーツァルトのセレナード第9番「ポストホルン」から第1、第5、第7楽章(2013年10月31日、同)のライヴ録音を聴く。

 夕飯後しばらくして、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルが演奏したシューマンの交響曲第2番&序曲集<RCA>、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮オルケストル・レヴォリュショネール・エ・ロマンティークが演奏したベルリオーズの幻想交響曲<PHILIPS>を聴く。


 夕飯後、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』の稽古をさらう。


 手嶋泰伸の『日本海軍と政治』<講談社現代新書>を読了し、飯田洋介の『ビスマルク』<中公新書>を読み始める。
 19世紀を代表するドイツ、ヨーロッパの政治家ビスマルクの生涯と事績を詳述高察した一冊だ。


 今日は、稽古場で甘いものを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする