2015年01月20日

『非常時のことば』を読み終えた(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じも強し。

 気温は下がったか、寒さが厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 イスラム国が日本政府に対して日本人2人(湯川遥菜と、ジャーナリストの後藤健二と目されている)の殺害を予告し、2億ドル(約236億円)の支払いを要求していると報じられている。
 安倍首相の中東(イスラエル)訪問にあわせての予告である。
 いろいろと考えることあり。


 元プロ野球選手の大豊泰昭が亡くなった。51歳。
 中日、阪神、再び中日でプレーし、強打者として知られた。
 深く、深く黙祷。


 柔道家の斉藤仁も亡くなった。54歳。
 ロスアンジェルス、ソウル両オリンピックの95キロ超級で金メダルを獲得した。
 現役引退後は、アテネ・オリンピックでの日本代表男子の監督や全日本柔道連盟の強化委員長を歴任した。
 深く、深く黙祷。


 明け方5時過ぎまで、仕事関係の作業を進める。


 午前午後と、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、ソプラノのパトリシア・プティボンがジョセプ・ポンス指揮スペイン国立管弦楽団の伴奏で歌ったアルバム『メランコリア』<ドイツ・グラモフォン>、ヴァイオリンのアレクサンドル・ダ・コスタとマルツィオ・コンツィ指揮オビエド・フィルが演奏したサン・サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番&交響曲第3番「オルガン付き」他<WARNER>、ギターのミロシュ・カラダグリッチとヤニク・ネゼ=セガン指揮ロンドン・フィルが演奏したロドリーゴのアランフェスの協奏曲&ある貴紳のための幻想曲他<ドイツ・グラモフォン/マーキュリー>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったり、『千春日和』の筆入れと打ち直しを行ったりする。


 高橋源一郎の『非常時のことば』<朝日新聞出版>を読了する。
 高橋さんの綴る言葉に強く共感し、心を強く動かされた。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 帰りがけ、近くのブックファーストに寄って『レコード芸術』2月号の立ち読みもした。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、ウィーン弦楽4重奏団の来日コンサートのライヴ録音(2014年11月21日、フィリアホール)を聴く。
 結成50年を迎えたウィーン弦楽4重奏団にとって最後の日本ツアーで、ハイドンの弦楽4重奏曲第77番「皇帝」、モーツァルトの弦楽4重奏曲第19番「不協和音」、シューベルトの弦楽4重奏曲第14番「死と乙女」、アンコールのモーツァルトの弦楽4重奏曲第17番「狩り」から第3楽章と、ウィーンの名を冠したアンサンブルのラストツアーに相応しいプログラミングとなっていた。

 続けて、クリーヴランド・カルテットが演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第13番&大フーガ<TELARC>、リカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィルが演奏したシューベルトの交響曲第3番&第5番<EMI>を聴く。


 夕飯後、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったり、『千春日和』の筆入れと打ち直しを行ったり、田口ランディの『ゾーンにて』<文藝春秋>を読み進めたりする。
 『ゾーンにて』は、東日本大震災発生後に書かれた短篇小説をまとめた一冊。
 『非常時のことば』に続けて読み始めてよかったと思う。


 今日は、日清製菓のバターココナツ・サンドチョコレートを食す。
 近くのダイソーで購入したもの。
 チョコレートを挟んだ、さくさくとした食感のバターココナツビスケットで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


>被抑圧者の伝統は、ぼくらがそのなかに生きている「非常事態」が、非常ならぬ通常の状態であることを教える。
 ぼくらはこれに応じた歴史概念を形成せねばならない。
 このばあい、真の非常事態を招きよせることが、ぼくらの目前の課題となる。
 それができれば、ぼくらの反ファシズム闘争の陣地は、強化されるだろう。
 ファシズムに少なからぬチャンスをあたえているのは、ファシズムの対抗者たちが、歴史の規則として進歩の名において、ファシズムに対抗していることなのだ<
(ベンヤミン『ボードレール他五篇』<岩波文庫>所収、『歴史の概念について』より)


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これが自民というものか!(深夜のCLACLA)

 どんよりとした感じはありつつも、青空の見えるお天気。

 気温は若干上昇したか。
 朝晩の冷え込みは厳しいが。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 写真家の木之下晃が亡くなった。78歳。
 長年にわたり、国内外のクラシック音楽の演奏家の撮影で知られた。
 印象深い写真を多数遺している。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 昨夜、NHKのラジオ深夜便を聴いたりしながら、4時45分まで仕事関係の作業を進めたり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったりする。
 ラジオ深夜便の3時台はエノケンこと榎本健一の特集だったが、ヒットナンバーのいくつかは後年ステレオで再録音したものを放送していたように思う。
 確かに老いたエノケンの唄のちょっとしたウロは味わい深いけど、やはりできれば若い頃のSP時代の録音を聴かせて欲しい。
 そして、三木鶏郎作詞・作曲の『これが自由というものか』は、毒の抜かれた別歌詞によるものでがっくり。
 腹立たしいのでyoutubuにアップされていた原曲を繰り返し聴く。


 知らない間に親ぼけて 知らない間に介護して
 知らない間に職辞めて 知らない間に飢え死んだ
 これは呆れた驚いた 何がなんだかわからない
 これが自責というものか 個人任せの福祉論

 知らない間に人集め 知らない間にけんきゅ(研究)して
 知らない間に武器作り 知らない間に武器売った
 これは呆れた驚いた 何がなんだかわからない
 これが学府というものか お金任せの軍事論

 知らない間にドル買って 知らない間に円売って
 知らない間に物価上げ 知らない間に株価下げ
 これは呆れた驚いた 何がなんだかわからない
 これが財政というものか 市場任せの資本論

 知らない間に検査して 知らない間にしんせ(申請)して
 知らない間に審査して 知らない間に再稼働
 これは呆れた驚いた 何がなんだかわからない
 これが安全というものか 明日任せの資源論

 知らない間に選挙して 知らない間にTPP
 知らない間に改憲で 知らない間に徴兵制
 これは呆れた驚いた 何がなんだかわからない
 これが自民というものか 首相任せの自民党
(以上、三木鶏郎作詞作曲、榎本健一唄の『これが自由というものか』の旋律にのせて)


 アンドレアス・シュペリング指揮カペラ・アウグスティーナが演奏したブラームスのセレナード第1番&第2番<CPO>、ブルーノ・ヴァイル指揮ザ・クラシカル・バンドが演奏したシューベルトの交響曲第7番「未完成」&第8番「ザ・グレート」<SONY>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったりする。


 お昼過ぎに外出して、仕事関係の予定をすませる。

 その後、かかりつけの病院で血液検査のための採血を行い、四条通のスギ薬局で薬を受け取り帰宅する。


 帰宅後、ロジャー・ノリントン指揮ロンドン・クラシカル・プレイヤーズが演奏した初期ロマン派序曲集<EMI>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 福永信の『一一一一一』<河出書房新社>を読了し、高橋源一郎の『非常時のことば』<朝日新聞出版>を読み始める。


 19時過ぎに外出して仕事関係の用件を片付けたのち、錦湯さんへ。
 ネオラクゴ・フロンティアsection15を観聴きする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 終了後、販売されていた具だくさんで美味しい豚汁(柚子胡椒をちょっと入れすぎた…)を食べながら、いろいろとお話をうかがう。

 その後もいろいろとあって、帰宅が2時近くとなる。


 以上、1月19日の日記。


 今日が、いい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネオラクゴ・フロンティアsection15(月亭太遊さんのネタおろし・ネオラクゴ企画)

☆ネオラクゴ・フロンティアsection15

 ゲスト:桂三河さん
(2015年1月19日20時開演/錦湯)


 ゲストに盟友桂三河さんを迎えた今年三回目の月亭太遊さんのネタおろし・ネオラクゴ企画、ネオラクゴ・フロンティアsection15は大盛況。

 開口一番となる太遊さんと三河さんの掛け合いののちは、三河さんが新作落語『新世界の神様』を演じた。
 三河さんにとって身近な大阪は新世界のとある場所を舞台にした作品で、とても飛躍した内容であるにも関わらず、いやいや新世界ならあってもおかしないんとちゃうかと思わせるリアリティーとおかしさを持った面白い展開となっていた。
 新世界との適切な距離のとり方もいい。

 続くは、太遊さんのネタおろし『にんべんにうし』。
 「にんべんにうし」と書いて…、という目の付けどころにまずもっておおと唸るし、その中に太遊さんの伝えようとするところもしっかりと織り込まれている。
 もちろん、笑いの仕掛けが豊富なことは、言うまでもない。
 ああ、面白かった!

 で、終了後には具だくさんで美味しい豚汁の販売もあり、いつにも増して愉しい会となった。
 月曜20時はネオラクゴ・フロンティア。
 皆さん、お忘れなくです!
posted by figarok492na at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語・ネオ落語記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする