2015年01月02日

大切な予定用件をすませた(CLACLA日記)

 小雪がちらつくなど、どんよりとした感じはありつつも、青空へ。
 夕方の月がとても美しかった。

 気温は今日も低く、寒さがとてつもなく厳しくとてつもなく激しい。
 寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 昨夜、Radio4音源でサイモン・ラトル指揮ロッテルダム・フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第4番のライヴ録音(1982年4月3日、アムステルダム・コンセルトヘボウ)を聴いたりしながら、作業を進めたり、アンリ・イスランの『第一次世界大戦の終焉』<中央公論新社>を読み進めたりする。
 1982年ということもあってか、ラトルとロッテルダム・フィルのベートーヴェンは、ゆったりとしたテンポの非常にオーソドックスな演奏だった。


 午前午後と、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』や、Radio4音源でデニス・ラッセル・デイヴィス指揮オランダ放送フィルが演奏したワーグナーの歌劇『タンホイザー』序曲、リームのホルン協奏曲(シュテファン・ドールの独奏)、プロコフィエフの交響曲第6番のライヴ録音(2014年12月6日、アムステルダム・コンセルトヘボウ)を聴いたりしながら、作業を進める。
 不協和音全開のいわゆる「現代音楽」だが、ドールのソロが見事なリームのホルン協奏曲が聴きものだ。


 『第一次世界大戦の終焉』を読了する。
 フランスのフォッシュやペタン、ドイツのルーデンドルフ等将軍の作戦人物像をはじめ、軍事戦闘面を中心とした叙述の一冊。
 政治的経済的文化的=社会的背景については、別の著書で補うべきだろう。

 続けて、今井清一の『濱口雄幸伝』上巻<朔北社>を読み始める。


 16時少し前に外出し、いくつか大切な予定用件をすませる。
 途中マクドナルドでコーヒーを飲んで、少し休む。

 で、夕飯用の買い物をして、18時40分頃帰宅した。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『堀江政生のほりナビ!!』をしばらく聴く。

 その後、ニコラウス・アーノンクール指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したヨハン&ヨーゼフ・シュトラウスの作品集、モーツァルトの交響曲第33番&第31番「パリ」、ハイドンの交響曲第103番「太鼓連打」&第104番「ロンドン」<いずれもTELDEC>を聴く。


 夕飯後、作業を進めたり、『濱口雄幸伝』上巻を読み進めたりする。


 今日は、ローソンマート・神戸屋のデニッシュサンド(キャラメルホイップ)を食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 キャラメルホイップクリームをサンドしたデニッシュパンで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 何事もあなた任せの年初め。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする