2014年12月13日

katacotts 第4回公演『料理昇降機(The Dumb Waiter)』

☆katacotts 第4回公演『料理昇降機(The Dumb Waiter)』

 作:ハロルド・ピンター
 訳:喜志哲雄
 演出:戸谷彩
(2014年12月13日19時開演の回/スペース・イサン)


 戸谷彩が主宰する演劇企画、katacottsが第4回目の公演で上演したのは、ハロルド・ピンターの二人芝居『料理昇降機(The Dumb Waiter)』だ。
 ピンターの『料理昇降機』といえば、かつて小林信彦が、萩本欽一と坂上二郎のコント55号による上演を企図したことをすぐに思い出す。
 と、言っても、コント55号だからおもろいコント・喜劇の類いと思ったら、これが大間違い。
 料理昇降機が設置されたある部屋で、ベンとガスの二人の殺し屋は、わかるようでわからないわからないようでわかる、なんとも不可思議な状況に追い込まれ…。
 といった具合の、いわゆる「不条理劇」となっている。
 で、こうした一筋縄ではいかない作品を、今回katacottsが取り上げた意欲をまずは買う。
 またテキストに対して楷書的な読み込みを行う一方、演出の戸谷さんは、ラストの処理や舞台美術、音楽など独自の作劇を試みていたと思う。
 ただ、コント55号云々は置くとしても、滑稽さやふくみ等、作品の持つ幅の広さが再現しきれていないもどかしさ、感情表現の平板さを感じたことも残念ながら事実だ。
 加えて、小物の使用で若干疑問を感じた点もあった。

 ガスの菅原陽樹は、ライヴ特有の傷と演技のクセはありつつも、ガスというキャラクターの造り込みに努めていた点を高く評価したい。
 他方、ベンの山野博生は、彼自身の性質が強く出た演技。
 そのこと自体はよしとして、怒りや憤り、消耗といった表現が、ベンと重なり合うことなく、彼本人の感情として表れてしまっているように感じられた点は、やはり厳しく指摘しておかなければなるまい。

 いずれにしても、戸谷さん、菅原君、山野君の今後の研鑚と活躍を心から祈願したい。
posted by figarok492na at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企画の件で帰宅が遅くなった(深夜のCLACLA)

 青空は見えつつも、どんよりとしたお天気。
 雨も降る。
 が、夜にはやんで、きれいな月と星が見えていた。

 気温は上昇せず、寒さが厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 諦めることは手を貸すことだ。
 そして、如何にして冬の時代を乗り切るかを考えていかないと。


 漢字検定協会の大久保昇元理事長と浩元副理事長父子の実刑が確定した。
 いろいろと考えることはあるのだが、まだ具体的な情報を得ていないため、ここではあえて記さない。
 ただ、しばらく漢字検定の採点業務に携わっていた人間としては、大久保体制の体現者のようなSという採点事業会社の男性社員の官僚主義的な差配もあって、一時期効率最優先というか、精度の高いとはいえない採点が横行していたのではないかと疑念を持っている。
(なお、50人くらいかそこらいただろう採点メンバーの中で、時間的にもミスの少なさという意味でも、終わりの頃はだいたい上位2、3人の中に入っていた)


 昨夜、津村記久子の『やりたいことは二度寝だけ』<講談社>を読了する。

 その後、KBS京都で岡村隆史のオールナイトニッポンを聴いたりしながら、4時過ぎまで仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたりする。


 午前午後と、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』や、NHK・FMの『オペラ・ファンタスティカ』を聴く。
 妹尾さんの番組では、「もしもし話せまっか」(リスナーと電話で会話するコーナー)に、子供鉅人の影山君が出演していた。
 そして、『オペラ・ファンタスティカ』では、今年のバーデン・バーデン復活音楽祭で上演された、プッチーニの歌劇『マノン・レスコー』上演のライヴ録音(4月12日、バーデン・バーデン祝祭大劇場。サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィル他の演奏)が放送されていた。
 これはもう、ラトルとベルリン・フィルの演奏が圧倒的だった。


 仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、『ゆかいなどろぼうたち』の台本を読んだり、西村賢太の『ヤマイダレの歌』<新潮社>を読み始めたりする。


 17時台に外出し、今夜も企画の寄り合いに。
 いろいろと身体を動かした。


 で、終了後、諸々あって帰宅が午前1時を過ぎる。


 以上、12月12日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする