2014年12月06日

次の一手を考えていかないと(深夜のCLACLA)

 晴天。
 いいお天気、いい青空となる。
 夜空の月と星の美しさ!

 気温は上昇せず、寒さがとても厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 朝日新聞朝刊が、昨日に続いて自民党の300議席超えの予測を大々的に報じている。
 はたして、これが「公平」「公正」な報道と言えるのか?
 とはいえ、うんざりしているわけにもいかない。
 諦めることは、手を貸すことだ。


 1ドルが、一時120円台の円安状態にある。
 いろいろと考えることあり。


 昨夜、KBS京都で岡村隆史のオールナイトニッポンを聴いたりしながら、3時半過ぎまで仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたりする。


 午前午後と、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』(ただし、妹尾さんは公演のためお休みで、プロゴルファーの水巻善典がゲスト。水巻さんはなかなかのべしゃりぶりだった)、NHK・FMの『オペラ・ファンタスティカ』で、今年のザルツブルク音楽祭におけるヴェルディの歌劇『イル・トロヴァトーレ』上演のライヴ録音(8月9日。ダニエレ・ガッティ指揮ウィーン・フィル他の演奏)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、高野史緒の『ヴェネツィアの恋人』<河出書房新社>を読み進めたりする。
 『イル・トロヴァトーレ』は、レオノーラを歌うアンナ・ネトレプコが見事なヒロインぶりだった。
 そして、新しい作品。
 次の一手を考えていかなければ。


 18時過ぎに外出して仕事関係の用件を片付けたのち、祇園花月へ。
 月亭太遊の○○落語研究会Gを観聞きする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!


 22時半頃帰宅し、雑件を片付けたり、落語記録の準備をしたりする。


 山崎製パンの吹雪まん(つぶあん)を食す。
 近くのグルメシティで、税込み64円に値下げされていたもの。
 これはもうおなじみ粒あんたっぷりのお饅頭で、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 以上、12月5日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする