2014年11月06日

月がとても美しかった(CLACLA日記)

 深夜、雨が降る。
 青空は見えつつも、どんよりとした感じも強し。
 そうそう、夕方観た月がとても美しかった。

 日中は気温が上昇する。
 寒暖の差が激しいので、皆さんくれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 小笠原諸島で、中国の漁船がサンゴを密漁しているとのこと。
 日中首脳会談の実現が取り沙汰されている中で。
 いろいろと考えることあり。


 元NHKの会長、川口幹夫が亡くなった。88歳。
 芸能畑出身でNHK交響楽団の理事長も務めたのち、シマゲジこと島桂次の後任としてNHKの会長となる。
 黙祷。


 昨夜、Radio4音源でトーマス・ヘンゲルブロック指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したシューマンの交響曲第4番&ハイドンの交響曲第104番「ロンドン」(2014年11月2日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)、RTS音源でマレク・ヤノフスキ指揮ローザンヌ室内管弦楽団が演奏したワーグナーのジークフリート牧歌&リヒャルト・シュトラウスの『町人貴族』組曲(2014年10月28日、ローザンヌ・メトロポールホール)のライヴ録音を聴いたりしながら、3時半過ぎまで仕事関係の作業を進めたり、『鳥の日記』の読み直しを行ったりする。


 午前午後と、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』、マリア・ジョアン・ピリスが弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ第16番&第21番<ドイツ・グラモフォン>、ミヒ・ガイック指揮オルフェオ・バロック・オーケストラが演奏した同じくシューベルトの交響曲第5番&演奏会用序曲集<ドイツ・ハルモニアムンディ>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『鳥の日記』の読み直しを行ったり、石山俊彦の『歌舞伎座五代』<岩波書店>を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、ソプラノのルチア・ポップとガリ・ベルティーニ指揮ケルンWDR交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第4番と、バリトンのオラフ・ベーアがハンス・フォンク指揮シュターツカペレ・ドレスデンの伴奏で歌ったモーツァルトのアリア集<ともにEMI>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『鳥の日記』の読み直しを行ったりする。


 『歌舞伎座五代』を読了し、大森兄弟の『まことの人々』<河出書房新社>を読み始める。


 今日はパスコの、うさぎのほっぺ・粒あん&ホイップクリームを食す。
 近くのグルメシティで、税込み80円に値下げされていたもの。
 粒あんとホイップクリームの入った白地のどら焼き(2個)で、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする