2014年11月05日

桂小金治が亡くなった(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じが増す。
 夕方、雲間からのぞく月を眺めた。
 今宵は171年ぶりのミラクルムーン、後の十三夜(閏九月)だそうだ。

 日中は気温が上昇し、穏やかな一日となる。
 ただし、朝晩の冷え込みも厳しい。
 寒暖の差が激しいので、皆さんくれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 落語家で俳優、タレントの桂小金治が亡くなった。88歳。
 二代目桂小文治に入門し落語家となるが、川島雄三監督の薦めで映画俳優に転じ、川島作品をはじめ数々の作品に出演する。
 その後、テレビドラマにも出演したほか、『アフタヌーンショー』や『それは秘密です!!』など、バラエティ番組の司会者としても活躍。
 その感情の起伏の激しさから、怒りの小金治、泣きの小金治の名がついた。
 晩年、再び落語家としての活動を再開し、2011年に引退を宣言していた。
 保守的な思想の持ち主で、その言動が波紋を呼んだこともあった。
 深く、深く、深く黙祷。

 小金治さんといえば、川島作品、そして『破れ傘刀舟悪人狩り』の仏の半兵衛が強く印象に残る。
 あと、『それは秘密です!!』で中国関係の人が出演した際、「よかったあるねー」と口にしていたような記憶があって、大学や院生時代の友人とそのことでよく盛り上がってたんだけど、あれは本当にそう言っていたのかな。


 アメリカの上下両院選挙で、野党共和党が過半数を制した。
 いろいろと考えることあり。


 安倍首相が国会で自らに対する質問を、誹謗中傷と激怒したらしい。
 が、自分も他人に対して誹謗中傷を重ねてきたわけで、全くもってちゃんちゃらおかしいと思う。
 こういう人物に、道徳がどうこうと語ってもらいたくない。


 京大への警官立ち入り事件が、朝日新聞朝刊でも報じられていた。


 昨夜、Radio4音源でティエリー・フィッシャー指揮ハーグ・レジデンティ管弦楽団が演奏したワーグナーのジークフリート牧歌、リヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲(パウリーネ・オーステンレイクの独奏)、メンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」(2014年10月11日、ハーグ ドクター・アントン・フィリップ・ザール)、KUSC音源でハンス・グラーフ指揮ロスアンジェルス室内管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第6番「田園」のライヴ録音を聴いたりしながら、4時近くまで仕事関係の作業を進めたり、『鳥の日記』の読み直しを行ったりする。
 ティエリー・フィッシャーとハーグ・レジデンティ管のほうは、プログラム、演奏ともにセンスのよさを感じるもので、非常に聴き心地がよかった。
 一方、ハンス・グラーフとロスアンジェルス室内管の田園シンフォニーは、粗さが目立った。
 あと、録音の加減か、ホルンの旋律がやけに強く聴こえてきた。


 午前午後と、イーヴォ・ポゴレリチが弾いたドメニコ・スカルラッティのソナタ集<ドイツ・グラモフォン>、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも水曜日』、グレン・グールドが弾いたヨハン・セバスティアン・バッハのインヴェンションとシンフォニア<SONY/BMG>、オリヴァー・ボーモンが弾いたヘンデルのハープシコードのための作品集<ERATO>、ユーディ・メニューイン指揮ロイヤル・フィルが演奏した同じくヘンデルの王宮の花火の音楽&水上の音楽他<ASV/RPO>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 途中、仕事関係の予定もすませた。


 纐纈厚の『日本降伏』<日本評論社>を読了し、石山俊彦の『歌舞伎座五代』<岩波書店>を読み始める。


 17時台に外出して仕事関係の用件を片付け、夕飯用の買い物をすませて、18時台に帰宅した。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、シュヴェツィンゲン音楽祭におけるアンサンブル・ゼフィロのコンサートのライヴ録音(2014年5月3日、シュヴェツィンゲン・モーツァルトザール)を聴く。
 アンサンブル・ゼフィロはピリオド楽器による木管アンサンブルで、ベートーヴェンの8重奏曲やモーツァルトのセレナード第12番「ナハトムジーク」、『フィガロの結婚』のハルモニームジークなどが演奏されていた。

 続けて、アマデウス・ウィンズが演奏したモーツァルトの管楽アンサンブルのためのディヴェルティメント集<オワゾリール>、マルク・ミンコフスキ指揮ルーヴル宮音楽隊管楽器奏者が演奏した同じくモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』のハルモニームジーク(トリベンゼー編曲)<ERATO>を聴く。


 夕飯後、『鳥の日記』の読み直しを行ったり、『歌舞伎座五代』を読み進めたりする。
 『歌舞伎座五代』は、明治22年の開場から125年が経った歌舞伎座の歴史について、興行師に焦点を当てながら詳述した一冊。


 今日は、ユーラクのクリスプサンダー・Wナッツレボリューションを食す。
 六角のローソンストア100で、税込み32円だったもの。
 アーモンド、ピーナッツ、コーンパフを練り込んだおなじみチョコバーで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする