2014年06月26日

悪い冗談はよせ バッドライフでクルシモ(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 激しい通り雨もある。

 じめじめむしむしとして、全く快ならず。


 目くらましの猿芝居、八百長にはだまされたくないものだ。
 注意していかなければ。


 公明党、案の定の対応。
 香川の白票問題をついつい思い起こしてしまう。
 無関係ならいいが。


 石原慎太郎らの新党が「次世代の党」と名乗るそうだ。
 「都議会再生」といい「次世代の党」といい、悪い冗談はよしてもらいたい。


 昨夜、KBS京都でAKB48のオールナイトニッポンを聴いたりしながら、3時半過ぎまで仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』について考えたりする。
 倉持明日香の声はラジオ向きだと改めて思う。


 今日も、朝からマンションの屋上の作業がかまびすしい。
 グッドライフじゃなくてバッドライフ、クラスモじゃなくてクルシモだと、つくづく腹立たしい今日この頃。


 午前午後と、トーマス・ヘンゲルブロック指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第1番「巨人」(1883年ハンブルク再演稿)<SONY/BMG>(2回)、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』を書き進めたり、津村記久子の『ポースケ』<中央公論新社>を読み進めたりする。
 『ポースケ』、面白し。


 仕事関係の予定をすませる。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 帰りがけ「ばったり」があって、マンション前でしばらく立ち話をした。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、ヘンゲルブロック指揮ハンブルクNDR交響楽団のコンサートのライヴ録音を聴く。
 ショスタコーヴィチ(バルシャイ編曲)の室内交響曲作品番号110aとブラームスのドイツ・レクイエムが演奏されていた。

 続けて、ヘンゲルブロックが指揮したマーラーを聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『ポースケ』を読み進めたりする。
 ほかに、『林達夫評論集』<岩波文庫>の拾い読みもした。


 毎週恒例の洗濯をすませる。
 マンションの作業のためなり。
 湿度は高いが仕方ない。


 今日は、山崎製パンの大きなツインシューを食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 ホイップクリームとカスタードクリームが入った大きめのシュークリームで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする