2014年06月25日

日本とコロンビア戦の観戦企画に参加した(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、青空の見えるお天気。

 気温は上昇し、暑さが厳しい。
 暑い暑い。


 昨夜、23時頃外出し、下鴨のFactory Kyotoへ。
 笑の内閣の高間響上皇が主催する「サッカーの知識がない演劇人と日本×コロンビア戦を観戦する会」に参加する。
 試合のほうは、あいにく日本チームがコロンビアチームに4対1で負けたが、木村直幸、合田団地、丸山交通公園、向坂達矢、高間上皇の面々によるはっちゃけた会話を愉しんだ。

 そういえば、CoRich舞台芸術まつりの準グランプリに、笑の内閣の『ツレがウヨになりまして』が選ばれたとのことである。
 おめでとうございます!


 8時40分頃帰宅し、シャワーを浴びたり雑件を片づけたりしてから、9時半過ぎに眠る。


 14時に起きる。


 今日も今日とて、屋上の作業がどうにもかまびすしい。
 ギーギーゴーゴーとんかとんかとんかとんか、と騒々しく、あまりのうるささに切れそうになる。
 なんともかとも。
(マンションの構造上、うちの部屋の上が一番やかましくなるようだ…。やれやれ)


 ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも水曜日』、トーマス・ヘンゲルブロック指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第1番「巨人」(1883年ハンブルク再演稿)<SONY/BMG>、ピエール・ブーレーズ指揮シカゴ交響楽団が演奏した同じ曲の現行版<ドイツ・グラモフォン>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』について考えたりする。


 眠気に勝てず、1時間半ほどうとうとする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、ヘンゲルブロックのマーラーを3回続けて聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』について考えたり、津村記久子の『ポースケ』<中央公論新社>を読み進めたりする。
 ほかに、『林達夫評論集』<岩波文庫>の拾い読みもした。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする