2014年02月04日

病院で検査の結果を知り、髪を切った(CLACLA日記)

 立春なれど、気温はぐぐっと下がり、寒さがとてつもなく厳しくとてつもなく激しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザ、ノロウイルスにはお気をつけくださいね。

 一応青空は見えつつも、どんよりとした感じの強いお天気の一日。
 小雪もちらつく。


 昨夜、ABCで『伊集院光深夜の馬鹿力』を聴いたりしながら、3時半頃まで仕事関係の作業を進める。


 朝早めに起きて外出し、まあまあ近くの大きな病院へ。
 で、病理検査の結果は、全く問題なしと。
 まあ大丈夫だろうとの見立てではあったものの、やっぱり結果が出るまでは不安だったので、ほっとする。

 帰りがけ、近くのプラージュで髪を切り、12時台に帰宅する。
 髪もすぱっと短く刈り込んでもらい、諸々すっきりした。


 帰宅後、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、アンドリュー・デイヴィス指揮BBCフィルが演奏したヨーク・ボーウェンの交響曲第1番&第2番<CHANDOS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 上野修の『哲学者たちのワンダーランド』<講談社>を読了する。
 17世紀の哲学者、デカルト、スピノザ、ホッブズ、ライプニッツの要所急所をよく押さえている上に、柔らかい語り口で面白く読み終えることができた。
 そして、いろいろと考えることあり。


 17時台に外出し、夕飯用の買い物をすませ、京都芸術センターで用件を片づけたのち、18時半頃帰宅する。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、2013年のルガーノ国際音楽祭アルゲリッチ・プロジェクトでのコンサートのライヴ録音を聴く。
 生誕200年を記念して、ヴェルディやワーグナーにちなんだ作品が演奏されていた。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、畠中恵の『やなりいなり』<新潮社>を読み始めたりする。
 『やなりいなり』は、おなじみ「しゃばけ」シリーズの一冊だ。
 安定した面白さだ。


 今日は、ローソンのブロックチョコを食す。
 六角のローソンストア100で購入したもの。
 ピーナッツ入りのブロックチョコレートで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!
(それにしても、ピーナッツ入りのブロックチョコを最近よく食べてるなあ)


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする