2013年11月12日

寒さが厳しくてコタツを出した(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。

 気温もぐっと下がり、寒さがとても厳しい。
 電源は入れないものの、あまりの寒さにコタツを出したほど。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 髪が伸びてうっとうしい。
 そろそろ切りに行きたいなあ。


 昨夜、ABCラジオで『伊集院光の深夜の馬鹿力』や、youtubeにアップされたユッカ・ペッカ・サラステ指揮ケルンWDR交響楽団が演奏したベルリオーズの序曲『ローマの謝肉祭』とブリテンの青少年のための管弦楽入門(パーセルの主題による変奏曲とフーガ)、サラステ指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したシベリウスの交響詩『フィンランディア』(合唱付き。ヘルシンキの新しいコンサートホールの開館記念の演奏)を聴いたりしながら、4時近くまで仕事関係の作業を進める。


 朝早く起きて、毎週恒例の洗濯をすませる。
 お天気は芳しくないものの、諸々あって今日やっておくべきと思い。
 あまり乾きはよろしくないが、まあ仕方ない。


 午前午後と、終日作業予定に費やす。
 途中、松本健一の『原敬の大正』<毎日新聞社>を読み進める。


 実家から電話があり、母としばらく話をする。
 多謝。


 夕飯後、デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『英雄の生涯』&『死と変容』<Arte Nova>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 『原敬の大正』を読了する。
 いろいろと考えることあり。

 今後、政治的な主義主張、思想信条を異にするテロが発生し、それを利用したフレームアップが横行するのではないか。
 とても心配だ。


 今日は、アイプティのアソートクッキー・チョコチップ&バターを食す。
 近くのダイソーで購入した、マレーシア原産のもの。
 オーソドックスなチョコチップクッキーとバタークッキーで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする