2013年11月05日

世は三連休明け、ハイドンを中心に聴く(CLACLA日記)

 世は三連休明け。


 晴天。
 いいお天気、いい青空になる。
 連休中にこのお天気ならよかったのに。

 気温は日中もそれほど上昇せず。
 肌寒い。
 って、Tシャツと短パンじゃ…。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、ABCラジオで『伊集院光の深夜の馬鹿力』を聴いたり、youtubeにアップされたオンドジェイ・ブラヴェッツ指揮チェコ・フィルが演奏したハイドンの交響曲第93番を聴いたりしながら、4時過ぎまで仕事関係の作業を進める。
 ブラヴェッツはチェコ・フィルの首席ホルン奏者で指揮者としても活動を行っているとのこと。


 午前中、毎週恒例の洗濯をすませる。
 乾き、予想以上によろし。
 ああ、すっきりした!


 ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』は冒頭のおしゃべりだけを聴いて途中下車。
 PC作業中、youtubeにアップされたベルンハルト・クレー指揮NHK交響楽団が演奏した交響曲第95番、セルジオ・アラポント指揮イタリア国立放送(RAI)交響楽団が演奏した交響曲第97番、トレヴァー・ピノック指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏した交響曲第99番と、手元にCDのないハイドンのザロモン(ロンドン)・セットの交響曲のうち奇数番号の作品を続けて聴く。
 クレーの第95番は、たぶん1976年1月の第679回定期公演の映像音源だろう。
 非常に手堅い演奏で、当時のN響の実力がよくわかる。
 調べてみたところ、アラポントはスペイン出身の若手指揮者のようだ。
 どちらかといえばオーソドックスな楽曲解釈だが、若々しくてエネルギッシュな演奏になっている。
 第99番は、音源のみの投稿。
 まさしくピリオド奏法を援用したスマートでスピーディー、クリアな音楽づくりで、聴き心地がよい。
 ほかに、プルゼニ管楽5重奏団が演奏したディヴェルティメント第1番、ファジル・サイが弾いたピアノ・ソナタ第35番の第1楽章も聴く。
 ちなみに、この曲の第2楽章がブラームスのハイドンの主題による変奏曲の主題となっている。

 その後、グレン・グールドが弾いたヨハン・セバスティアン・バッハのインヴェンションとシンフォニア<SONY/BMG>、レオポルド・ストコフスキー指揮フィラデルフィア管弦楽団他が演奏した同じくバッハのブランデンブルク協奏曲第5番他<同>、グールドとストコフスキー指揮アメリカ交響楽団が演奏したベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」<同>を聴く。



 午前午後と、仕事関係の作業を進める。


 芦辺拓の『時の審廷』<講談社>を読了する。
 そうした結構ということはわかりつつも、題材が題材なだけに若干予定調和的な感じがしないでもなかったが、ついつい読み進めてしまった。
 そして、とてもアクチュアリティを持った作品になってしまったとも思う。

 続けて、白川浩司の「遥かなる『文藝春秋』」<小学館>を読み始める。
 1990年代の政権交代(細川連立政権の誕生)時に文藝春秋の編集長だった著者が、当時を振り返って記した一冊。
 『時の審廷』から桐野夏生の『ポリティコン』という流れはちょっときついなと思い、こちらから読んでおくことにした。


 夕方になって外出し、仕事関係の用件を片づけ、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、齊藤一郎指揮セントラル愛知交響楽団の定期演奏会のライヴ録音(再放送)を聴く。
 松村禎三の『ゲッセマネの夜に』や諸井三郎のヴァイオリン協奏曲(長原幸太の独奏)、山田耕筰の序曲などが演奏されていた。
 正直演奏は粗いが(それには、齊藤さんの「それ行けどんどん!」的な音楽づくりも大きいと思う)、こういった作品を聴くことができるだけでもよしとしたい。
 本当は、同様のプログラミングを京都市交響楽団などにも行って欲しいんだけどね。


 続けて、アンドレ・プレヴィン指揮ウィーン・フィルが演奏したリヒャルト・シュトラウスの歌劇楽劇からの管弦楽曲集<ドイツ・グラモフォン>を聴く。
 『ばらの騎士』組曲、『インテルメッツォ』からの交響的間奏曲、『カプリッチョ』の序奏と「月の光の音楽」、『サロメ』の7つのヴェールの踊りが、抑制のきいたロマンティシズムでもって丹念に演奏されていて、実に魅力的だ。
 ウィーン・フィルも見事の一語である。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、「遥かなる『文藝春秋』」を読み進めたりする。


 今日は、大阪屋製菓株式会社(ローソン・バリューライン)のベビードーナツを食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 オーソドックスな一口サイズのドーナツで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする