2013年09月03日

堤俊作と諸井誠が亡くなった(CLACLA日記)

 指揮者の堤俊作が亡くなった。66歳。
 桐朋学園で齋藤秀雄に指揮を学び、東京交響楽団の正指揮者ののち、東京シティフィルを設立し、同オーケストラの発展に寄与した。
 その後も東京ニューフィルやロイヤルチェンバーオーケストラ(ロイヤルメトロポリタン管弦楽団)、静岡交響楽団の設立に深く関わったほか、札幌交響楽団の専属指揮者、大阪市音楽団の芸術顧問・主席指揮者でもあった。
 また、海外のオーケストラに度々客演したり、オペラやバレエの指揮にも積極的に取り組んだりした。
 学習院大学輔仁会音楽部管弦楽団を指揮した関係から、皇太子も所属する梓室内管弦楽団(宮内庁の横やりでCDの一般発売が中止された)の指揮者を務め、全国各地で指導した学生・アマチュアオーケストラの団員を母体とする俊友会管弦楽団の音楽監督も務めた。
 ところで、1985年1月12日に長崎市公会堂で開催された、堤さん指揮長崎大学管弦楽団の第35回定期演奏会こそ、僕が初めて聴いた生のオーケストラのコンサートである。
 シューベルトの交響曲第7(8)番「未完成」とマーラーの交響曲第1番「巨人」というなかなかヘヴィなプログラムで、正直巧いとはちっとも思えなかったのだけれど、それでも生のオーケストラの音には、やはり圧倒されたものだ。
 そして、それからだいぶん経って聴いた堤さんとロイヤルチェンバーオーケストラのコンサートには、残念ながらあのときのような感動を味わうことはできなかった。
(ちなみに、堤さんは長崎交響楽団の定期演奏会も何度か指揮している)
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 作曲家で音楽評論家の諸井誠も亡くなった。82歳。
 戦後日本を代表する作曲家の一人で、洋楽と邦楽を結び合わせるなど、実験的で先鋭的な作品の造り手として知られた。
 また、彩の国さいたま芸術劇場の初代館長を務めるなど、文化芸術行政にも密接に関わったほか、音楽評論家としても活躍した。
 なお、父は作曲家教育者の諸井三郎で、兄は秩父セメント(三郎の父恒平が創業者)、太平洋セメントの取締役や経団連の副会長を務めた諸井虔である。
 『レコード芸術』の月評や、NHKのFM番組での「こんばんは、諸井誠です」という独特なエロキューションが懐かしい。
 深く、深く、深く、深く黙祷。

 それにしても、クラシック音楽に親しみ始めた頃に「お世話になった」堤さんや諸井さんの死は、どうにも感慨深い。


 今日も雨。
 どんよりとしたお天気の一日。
 そろそろ晴れてはくれないものか。

 気温はだいぶん下がるも、湿度が高い分、じめっとしてあまり快ならず。


 昨夜、犬塚弘+佐藤利明の『最後のクレイジー犬塚弘』<講談社>を読了する。
 ああ、面白かった。

 その後、ABCラジオで『伊集院光の深夜の馬鹿力』を聴いたり、youtubeにアップされたセルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルが演奏したラヴェルのボレロを聴いたりしながら、4時40分過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 朝早めに起きて、洗濯を決行する。
 雨がやみ、若干青空も見えていたため。
 が、それからすぐに激しく雨が降り出す。
 当然のごとく、乾きよろしからず。
 まあ、仕方ない。


 ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、ミヒ・ガイック指揮オルフェオ・バロック・オーケストラが演奏したシューベルトの交響曲第5番&序曲集<ドイツ・ハルモニアムンディ>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、木皿泉の『昨夜のカレー、明日のパン』<河出書房新社>を読み始めたりする。
 『昨夜のカレー、明日のパン』は、夫婦の脚本化として最近評判の木皿泉(たまたま、今朝の朝日新聞にインタビュー記事が掲載されていた)による連作小説集だが、今のところちょっとだけのれないでいる。
 作品の内容そのものというより、文章に対するしっくりこない感によるものか。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、ソプラノのドロテー・ミールズがガイック指揮オルフェオ・バロック・オーケストラの伴奏で歌ったテレマンのアリア集<ドイツ・ハルモニアムンディ>を聴いたり、youtubeにアップされたアリ・ラシライネン指揮ラハティ交響楽団が演奏したシベリウスの交響詩『フィンランディア』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『昨夜のカレー、明日のパン』を読み進めたりする。
 『昨夜のカレー、明日のパン』は、二篇目の『パワースポット』からのれてきた。
 登場人物の心の動きとキャラクターの設定が面白い。


 今日は、ロピアのプチティラミスを食す。
 近くのドラッグストアひかりで、半額引き、税込み64円だったもの。
 以前も食べたことのあるティラミス風のカップケーキで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も雨だった(深夜のCLACLA)

 雨、雨、雨、雨。
 激しい雨降り。
 雷鳴も轟く。
 これじゃあ、洗濯ができないじゃんよお!

 気温は下がるも、じめじめとした感じが強く、あまり快ならず。


 昨夜、youtubeにアップされたマリス・ヤンソンス指揮ウィーン・フィルが演奏したヨハン・シュトラウスのカルメン・カドリーユ、フランツ・ヴェルザー=メスト指揮ウィーン・フィルが演奏したヴェルディの主題によるメロディー・カドリーユ、ジョルジュ・プレートル指揮ウィーン・フィルが演奏したオルフェウス(天国と地獄)・カドリーユ、ヴェルザー=メスト指揮ウィーン・フィルが演奏したワーグナーの歌劇『ローエングリン』第3幕への前奏曲とスッペの喜歌劇『軽騎兵』序曲、ジョス・ファン・インマゼール指揮アニマ・エテルナが演奏したベートーヴェンのバレエ音楽『プロメテウスの創造物』序曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 なお、ベートーヴェン以外、すべてニューイヤーコンサートにおける演奏である。


 朝早めに起きて、仕事関係の作業を進める。


 午前中、雨がやんでいる隙をついて外出し、仕事関係の用件を片づけたのち下京図書館へ。
 宮下奈都の『窓の向こうのガーシュウィン』<集英社>、青山文平の『かけおちる』<文藝春秋>、本谷有希子の『嵐のピクニック』<講談社>、島田雅彦の『ニッチを探して』<新潮社>を返却し、予約しておいた犬塚弘+佐藤利明の『最後のクレイジー犬塚弘』<講談社>、木皿泉の『昨夜のカレー、明日のパン』<河出書房新社>、鹿島田真希の『暮れていく愛』<文藝春秋>、半藤一利の『あの戦争と日本人』<同>、片山杜秀の『未完のファシズム』<新潮選書>、太田尚樹の『駐日米国大使ジョセフ・グルーの日本史』<PHP研究所>を新たに借りる。


 帰宅後、アレクサンダー・リープライヒ指揮ミュンヘン室内管弦楽団が演奏したロッシーニの序曲集<SONY/BMG>、大友直人指揮日本フィルが演奏したニーノ・ロータの交響曲第1番〜第3番<キング>、ドミトリー・ヤブロンスキーが演奏した安倍幸明の交響曲第1番他<NAXOS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『最後のクレイジー犬塚弘』を読み始めたりする。
 書名からもわかる通り、『最後のクレイジー犬塚弘』は、クレイジー・キャッツの最後のメンバーとなった犬塚弘の言葉を佐藤利明がまとめたもの。
 朝日新聞の書評でいとうせいこうが高く評価していたが、犬塚さんの両親譲りのリベラリズムと知性、まじめさもまたクレイジー・キャッツを大きく支えていたことがよくわかる。
 過不足のない自負心にも、大いに納得だ。


 18時少し前に外出し、歩いて元・立誠小学校へ。
 特設シアターでシネマカレッジ京都(後期)のチラシを受け取ったのち、音楽室でTHE ROB CARLTON 6F『フュメ・ド・ポワソン』を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。


 開演前終演後、関係各氏と話しをしたり、あいさつをしたりする。


 終演後、夕飯用の買い物をすませ、22時過ぎに帰宅した。


 遅めの夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『最後のクレイジー犬塚弘』を読み進めたり、観劇記録の準備をしたりする。


 以上、9月2日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする