2013年08月06日

広島への原爆投下から68年(CLACLA日記)

 アメリカ政府による広島市への原爆投下から68年が経った。
 犠牲となられた全ての方々へ、深く、深く、深く、深く、深く黙祷。
 そして、ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ、ノーモア・フクシマ。


 晴天。
 どんよりとした感じはありつつも、青空の見える一日となる。

 気温は上昇し、暑さがとてつもなく厳しい。
 暑い暑い暑い暑い!!!!
 皆さん、くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね。


 昨夜、ABCラジオで『伊集院光の深夜の馬鹿力』を聴いたりしながら、4時過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 午前午後と仕事関係の作業を進めたり、『夏美の夏は…』の筆入れを行ったりする。


 翔田寛の『築地ファントムホテル』<講談社>を読了する。
 ウェルメイドな筆運び筋運びだった。
 伏線がきっちり張られている分、誰が犯人かの見当は早いうちについたが。


 ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマー・フィルが演奏したシューマンの交響曲第2番&序曲集とベートーヴェンの交響曲第4番&第7番<ともにSONY/BMG RCA>を聴く。
 パーヴォ・ヤルヴィのSACDは、いずれもスマートでクリア、スピーディーな演奏で、実に聴き心地がよい。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、ワシリー・シナイスキー指揮ケルンWDR交響楽団のコンサートのライヴ録音を聴く。
 プロコフィエフの古典交響曲、ハルトマンの葬送協奏曲(パトリツィア・コバチンスカヤのヴァイオリン独奏)、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」が演奏されていた。
 古典交響曲は、もっさりした感じがしてあまり面白くない。
 悲愴交響曲は、ツボをしっかり押さえた演奏だが、一世一代入魂の名演という感じはせず。
 ただ、葬送協奏曲はコバチンスカヤの力演もあって聴き応えがあった。

 それにしても、大学院生時代のケルン滞在からもう20年が経つのか。
 ああ!


 続けて、ルネ・ヤーコプス指揮フライブルク・バロック・オーケストラ他が演奏したハイドンの交響曲第91番&第92番他<ハルモニアムンディ・フランス>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、朝井まかての『先生のお庭番』<徳間書店>を読み始めたりする。
 『先生のお庭番』は、フォン・シーボルトとその妻お滝さんと、彼彼女らの薬草庭園のお庭番となった熊吉の姿を描いた一冊。
 これまた書き下ろし作品である。


 今日は、多田製菓(ほっとぶれーく)のもみじまんじゅうを食す。
 近くのグルメシティで、税込み70円だったもの。
 オーソドックスなもみじまんじゅう4個(こしあん)で、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする