2013年07月24日

今日は一日『ノスタルジア』三昧(CLACLA日記)

 雨降りから晴天へ。
 どんよりとしつつも、青空と陽光の見える一日となった。

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しい。
 暑い暑い暑い暑い!!!!


 昨夜、3時過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 明け方、嫌な夢を観てしまう。
 ああ。


 朝早めに起きて9時過ぎに外出し、KBS京都放映・月面クロワッサン製作のドラマ『ノスタルジア』の撮影に参加する。

 で、場所を移動しながら、18時近くまで撮影に勤しむ。
 少しでも観応えのある作品になってくれればと強く願う。


 仕事関係の用件を片づけたのち、19時半少し前に帰宅した。


 途中夕飯を挟みながら、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、ジョヴァンニ・アントニーニ指揮イル・ジャルディーノ・アルモニコのコンサートのライヴ録音を聴く。
 ハイドンのチェロ協奏曲第2番(ジョヴァンニ・ソルリーマの独奏)や交響曲第63番「ラ・ロクサーヌ」などが演奏されていた。
 ところで、京都局が高校野球の決勝戦を放送しており、別の局の放送で聴いたため雑音が相当ひどかった。
 高校野球が後生大事というのならはなからラジオ第1でやればいい、それを中途半端にFMでの放送でお茶を濁そうとする昔ながらのNHKのやり口に無性に腹が立つ。

 続けて、ロジャー・ノリントン指揮チューリヒ室内管弦楽団が演奏したストラヴィンスキーの協奏曲「ダンバートン・オークス」&舞踏協奏曲<SONY/BMG>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたほか、関容子のインタビュー集『芝居の神様に愛される男たち』<講談社>を読み進める。


 実は、これから『ノスタルジア』の声の録音があって、月面クロワッサンの事務所まで足を運ばねばならない。
 今日は一日『ノスタルジア』三昧。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする